SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

伊藤忠商事、CITICアプリと連携し訪日中国人向けマーケ事業を開始 第一弾はファミマでのクーポン配布

 伊藤忠商事は、中国中信(以下、CITIC)が提供するオンラインサービスプラットフォーム「中信優享+(以下、CITICアプリ)」と連携し、訪日中国人向けインバウンドマーケティング事業を開始した。

 CITICは銀行や証券といった金融サービスに加え、文化やレジャーなどの小売り事業を傘下に持ち、中国国内にグループ合計で約1億人の顧客を有している。

 またCITICは昨年7月、「Wechat」と「アリペイ」内にCITICアプリを設置した。CITICアプリでは、ユーザーに統一IDを配布し、オンライン上でグループの金融サービスを利用可能に。さらに、店舗でのクーポン提供や空港ラウンジサービスなどのサービスも提供している。2019年5月時点のユーザー数は、約3,000万人だ。

 伊藤忠商事は連携の第一弾として、国内のファミリーマートで利用できるクーポンをCITICアプリ上で配布する。CITICはCITICアプリを通じてユーザーのサービス利用状況を分析し、消費動向を予測しながら配布を進める。

 伊藤忠商事は今後、百貨店や商業施設といった国内小売店との提携を進めると同時に、訪日関連メディアとの協業やCITICグループとの連携を深化させ、顧客のインバウンド向け販促施策を支援していく。

【関連記事】
アライドアーキテクツ、訪日中国人の来店を促進する「WeChat(微信)インバウンドパッケージ」を提供
朝日新聞社、訪日客向けPR映像の制作・配信・販売事業を開始 自社サイトやSNSなどで動画を公開
IoTで訪日外国人来店者を可視化してプロモーション効果分析 TRAVEL INSIGHTSがリリース
無電柱化で路上化する「変圧器」にデジタルサイネージ設置 訪日客向け広告を掲載、ビーコンでスマホ配信も
JTBとジャパンタイムズが提携 自治体・企業に対して訪日スポーツ観戦客向けの広告パッケージを提案へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/10 13:00 https://markezine.jp/article/detail/31255

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング