MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「働き方改革」でどう変わる? ビジネスパーソンの消費行動

2019/06/25 15:00

 2019年4月より「働き方改革関連法」の一部が施行された。働き方が変われば、ライフスタイルや消費行動にも変化が起きるだろう。そこで今回、働き方についての意識調査を実施した。

目次

※本記事は、2019年6月25日刊行の定期誌『MarkeZine』42号に掲載したものです。

 日本の状況をより相対的に考える意味で国際データ比較の視点を交え、韓国とドイツでも同様の調査を行った※1。調査対象者は企業の正規雇用従業員で、ライフステージの変化が多い25〜44歳である。

ビジネスパーソンが抱える「時間の不足感」

 まずはビジネスパーソンの基本的な生活スタイルについて、3ヵ国それぞれの全体値で比較すると、日本は労働時間が最も長く※2、睡眠時間が最も短い。一方、ドイツは労働時間が最も短く、睡眠時間は最も長い。そして仕事・職場については全体的にポジティブな評価者が多い(図表省略)。

 また日本は、仕事がある日に「日用品の買い物」の“時間が取れている”という人と“時間がない・足りない”という人の割合が拮抗している(図表省略)。他の場面(人と過ごす時間、家事、娯楽、勉強・スキルアップ等)については軒並み“時間がない・足りない”という人の割合が高い。逆に言えば、この不足・欠乏感を何らかの形で充足させることが、生活者の潜在的なニーズであるとも考えられる。

図表1 「基本プロフィール」と「1日の生活時間」(タップで拡大)
図表1 「基本プロフィール」と「1日の生活時間」(タップで拡大)

※1 韓国は以前から長時間労働などの問題が指摘されてきたが、現在は週52時間労働を上限とするなどの改革が行われている。ドイツでは比較的以前から労働時間法などの法規制により、労働時間の抑制等がなされている。こうした特徴を踏まえて比較対象国として選定した。

※2 OECDの統計では韓国のほうが労働時間は長いが、時期や対象者の雇用形態や年齢なども当調査とは異なる。

▼調査レポート
『働き方改革によってプライベート時間が増えたら?日韓独のビジネスパーソンに調査』(HoNote)


この続きは定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後すぐにこの続きを閲覧いただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスの最新情報を、毎月1冊にまとめてお届けします。キーパーソンの生の声や、注目領域の最新動向に関する厳選された情報を、手軽に把握することができます。 紙の雑誌をお届けするほか、以下の特典があります。
●Webでも限定記事が読める
●プレミアムイベントにご招待
●データダウンロードサービス『MarkeZine Stock』が使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5