MarkeZine(マーケジン)

記事種別

10代Twitterアカウント所有率は8割超 世代別&性別の利用目的も明らかに【ナイル調査】

2019/06/24 14:30

 ナイルは、同社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」においてTwitterの利用実態に関するアンケート調査を実施し、結果を発表した。

10代のアカウント所有率は8割超

 Twitterアカウントの有無について質問したところ、全体の61.1%がアカウントを所有していることがわかった。

Twitterアカウントの有無
Twitterアカウントの有無

 アカウントの有無に関して年代別の割合を見てみると、15歳~19歳では85.1%がアカウントをもっており、40代まで「もっている」の過半数超えが続いた。「もっていない」が最も多い60代でも、非所有率は61.1%に留まっていた。

年代別のアカウント有無
年代別のアカウント有無

 また、アカウント所有者の年代別男女比を見ると、10代から30代までは女性が多く、特に20代では約7割が女性だった。一方、50代から女性の比率が極端に減っており、60代では2割以下だった。

アカウント所有者の年代別男女比
アカウント所有者の年代別男女比

若い世代はアカウント所有数が多め 最多は15個!

 前問で「もっている」と回答した812人にアカウントの所有数を尋ねたところ、一人あたりの所有数は「1個」が58.0%と最多。所有アカウント数が増えるごとに割合は減ったものの、「6個以上」という回答もあった。なお「6個以上」と回答した人に具体的な所有数を質問したところ、最多所有数は15個という結果だった。

アカウントの所有数
アカウントの所有数

 アカウント所有数を年代別に見てみると、複数アカウントの利用は若い世代に多かった。特に10代では7割近くが2個以上のアカウントをもっていたほか、「6個以上」の回答があったのは10代と20代のみだった。

 一方、40代以上では複数アカウントを所有している割合が減少し、年代によって大きな隔たりがあることがわかった。

年代別のアカウントの所有数
年代別のアカウントの所有数

Twitter歴はどれくらい?最も多いのは「3~4年」

 続いてTwitterの利用年数について質問したところ、最も多いのは「3~4年」の27.8%、次いで「5~6年」の23.0%という結果だった。

Twitterの利用年数
Twitterの利用年数

アカウントの種類はバラエティー豊か!

 またアカウントの種類を以下のように定義し、所有しているアカウントについて複数選択で尋ねた。

・リア垢(リアルでの知人・友人との交流)
・身内垢、裏垢(ごく親しい人たちのみと交流)
・仕事垢(仕事の関係者との交流)
・ネト垢(本名を明かさず、ネット上でのみ交流)
・愚痴垢・病み垢(愚痴やうっぷんを吐き出す)
・趣味垢(趣味嗜好が似ている人だけをフォロー)
・情報垢(情報を収集する目的)
・宣伝垢(イベントやお店などのPR目的)
・ROM垢(自分ではつぶやかず、見る専門)
・RT垢(リツイートすることだけが目的)
・その他(自由回答)

 その結果、所有しているアカウントの種類で最も多かったのは「リア垢」で42.4%。次いで「情報垢」が29.8%、「趣味垢」が27.1%という結果だった。

 なお「その他」の自由回答では、「何も使っていない」「持っているだけ」という主旨の回答が目立った。

所有しているアカウントの種類
所有しているアカウントの種類

よく使われているアカウントは「リア垢、情報垢、ROM垢」

 「所有しているアカウントで主に利用しているのはどれか?」という質問では、「リア垢」が29.7%でトップに。「情報垢(14.3%)」「ROM垢(13.1%)」が続いた。

主に利用しているアカウント
主に利用しているアカウント

 なお、グラフ上にない数値は次の通り。

仕事垢 3.8%
RT垢 3.8%
その他 2.0%
愚痴垢・病み垢 1.6%
宣伝垢 1.2%

性別&年代で異なるメイン利用のアカウント

メインで利用するアカウント:年代別男性
メインで利用するアカウント:年代別男性

 さらにメインで利用するアカウントを性別、年代別で分類したところ、男性の10代と20代では「リア垢」のメイン利用割合が高く、どちらの年代でも半数程度を占めていた。一方、30代以上では「リア垢」をメインにしているのは1割から2割程度だった。

 また「情報垢」「ROM垢」の割合は30代以上で高かったほか、40代のみ「ネト垢」の割合が2割近く確認された。

メインで利用するアカウント:年代別女性
メインで利用するアカウント:年代別女性

 女性でも10代と20代で「リア垢」のメイン利用割合が高かった一方、男性と比べて「趣味垢」のメイン利用が目立った。また、「愚痴垢・病み垢」の割合も男性より比較的高く、20代で3.3%(男性1.8%)、30代で3.8%(男性0%)、40代で2.0%(男性0%)と差が見られた。

【調査概要】
調査主体:ナイル
調査方法:アンケート調査サービスを利用
調査人数:10代から60代の男女1,328人
調査期間:2019年6月5日~6月11日

【関連記事】
特商法改正後もサブスクリプション関係の広告苦情は減少せず ネット広告全体の苦情も増加【JARO調査】
不快な広告への対処法、Facebookでは女性の4割強が非表示にした経験あり【ジャストシステム調査】
ブランド価値、アマゾンがグーグルとアップル抜く 日本企業は資生堂が急成長【カンター・ジャパン調査】
ノンアルコールビール市場、10年前の4倍に 「消費増税で休肝日増」も追い風か【サントリー調査】
9割のCMOが「今後3年でマーケの機能は変わる」と回答 重要性が増すスキルとは【アクセンチュア調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5