SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

足立光氏が「BOTANIST」で知られるI-ne社外取締役に就任

 マーケターで経営戦略コンサルタントの足立光氏が、ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」で知られるI-neの社外取締役に就任した。

左からI-ne代表取締役の大西洋平氏と足立光氏
左からI-ne代表取締役の大西洋平氏と足立光氏

 足立光氏は次のようにコメントしている。

 「日本・海外の大手企業がひしめく、いわゆる『レッドオーシャン』と考えられていたビューティーケア業界に、新しい感性と手法で切り込んで、これまでの企業ではできなかった「ゲームチェンジ」に成功し、市場で大きな存在感を獲得したI-neさんは、かつてビューティーケア業界に長く在籍した者として、以前から注目していました。

 『イノベーション』を社名の由来とするI-neが、今後も日本および海外市場でさらに存在感を増していくことは間違いないと確信していますが、それはI-neが『日本のスタートアップ』から『国際的な企業』へと転換を遂げなくてはいけない、ということを意味しています。私はこれまで日・米・欧の様々な業種・規模の企業で、日本・アジアでの事業展開をしてきました。I-neの今後のさらなる成長と企業化に、微力ながらも、貢献させて頂きたいと考えております」

 I-neは、足立氏の社外取締役就任の背景にについて「マーケティング業界の第一人者である同氏に、消費者インサイトや国内外の市場に関する高い見識や客観的・専門的な視点から経営戦略やプロモーション全般に対する監督ならびに体制強化に貢献いただける」と説明している。

 同社は、ボタニカルライフスタイルブランド「BOTANIST」など、自社ブランドの運営、商品企画、卸売・小売、販売広告戦略、流通を手がける「ビューティーテックカンパニー」。グローバル進出してから4年で13ヵ国での展開に至っており、2022年グローバル比率30%を目指している。

【関連記事】
元P&Gの音部大輔氏、Supershipのマーケティング顧問に就任
SK-II、AIやアイトラッキングを駆使したスキンケア・ストアを展開 自分のペースでの商品体験を演出
元日本マクドナルドの足立光氏、スマートニュースのマーケティング戦略アドバイザーに就任
AIで消費者インサイトを分析!「BOTANIST」などのブランドを扱うI-neが新システムを開発
資生堂、デジタルコンテンツを体感できるショールームを浜松町にオープン ビューティーテック注力の一環

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/06/28 12:45 https://markezine.jp/article/detail/31444

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング