MarkeZine(マーケジン)

記事種別

KARTEがLookerと連携を開始 リアルタイムユーザーデータ共有のための環境構築が簡単に

2019/07/09 17:45

 プレイドは、同社が提供するCXプラットフォーム「KARTE(カルテ)」において、BIプラットフォーム「Looker(ルッカー)」と連携し、Looker Blocks「Customer Experience Analytics by KARTE」としてサービス提供を開始した。

 Looker Blocksは、様々なユースケースを念頭にあらかじめ設計されたLookMLコードのテンプレート。LookMLは、SQLデータベース内のディメンション、集計、計算、およびデータ関係を記述するための言語で、LookerはLookMLで記述されたモデルを使用して、特定のデータベースに対してSQLクエリを作成する。導入企業はLooker Blocksのテンプレートを利用することでエンドユーザー利用までの構築時間を短縮できる。

 今回Lookerが提供を開始する「Customer Experience Analytics by KARTE」では、KARTEが蓄積したウェブやアプリ、又はオフラインの購買などを含めた膨大なリアルタイムユーザーデータをLookerのダッシュボードに描画することが可能になる。さらには、Lookerで描画された様々な分析データからKARTEのUIに戻り、個別のアクションを実行することも可能。

 昨今「n=1マーケティング」と呼ばれるような、顧客全体の中のひとりである「個」を深掘りする重要性が高まるなか、「Customer Experience Analytics by KARTE」では、顧客の定量と定性、全体と個といった双方のデータを行き来しながら正しい解釈とアクションを行えるという。

 たとえば、ダッシュボード上のNPSレスポンスで批判者数の増加など急な変化が生じた際、各批判者の情報を抽出して原因を探ることができる。さらにKARTEの追加機能として、各ユーザーが実際に閲覧した内容や各ページ上の動作をプレイバック再生することも可能。

 なお、2019年7月5日時点で提供が開始されるダッシュボードの機能は、ウェブアクセス分析、ページビューファネル、そしてNPS概要の3つになる。

【関連記事】
トランスコスモスが「KARTE」導入支援の戦略パートナーに 運用エキスパートを育成
ヒートマップツール「USERDIVE」と「KARTE」が連携 データ分析~サイト改善をワンストップ化
事業者向けネット通販の「モノタロウ」が「KARTE」を導入 来訪ユーザー向けパーソナライズを推進
KARTEに「レコメンド機能」が追加 散在するデータを「人軸」で統合、パーソナライズを実現
リクルート次世代事業開発室、KARTEを開発基盤に採用 リーン開発方式との相性を評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5