SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

OMO時代、マーケティングはどう変わる?コメ兵藤原氏×元メルペイ家田氏が議論【9/13開催@椿山荘】

 9月12日(木)・13日(金)にホテル椿山荘東京にて開催される「MarkeZine Day 2019 Autumn」。9月13日の14時25分から行われるセッションでは、コメ兵 執行役員 マーケティング統括部長の藤原 義昭氏と、元メルペイで、現在は小売向けCRMの運営会社游仁堂(上海)にてシニアマネージャーを務める家田 昇悟氏が登壇し、「OMO時代のマーケティング」について議論を交わす。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2019 Autumn
登壇セッション:来るOMO時代、マーケターは何に備えるべきか?OMO先進国・中国の現状から、日本の未来を探る
日時:2019年9月13日(金) 14:25~15:10
会場:ホテル椿山荘東京
〒112-8680 東京都文京区関口2-10-8 ホテル棟1F ボールルーム
参加費:無料(事前登録制)

 今、中国ではアリババやテンセントを中心に、オンラインとオフラインが融合したOMO店舗が次々と登場している。日本でも徐々にキーワードとして上がってきているが、本格展開はこれからというところ。オンラインとオフラインのサービスがすべて連携される世の中になったとき、リテール業界や生活者の消費行動、企業のマーケティングはどのように変わっていくのだろうか。

 本セッションでは、中国と日本の現状比較を行い、今後日本でどのような変化が起きていくのか、また企業は何に備えておくべきかなどを議論する。

 今話題の「OMO」への理解が深まり、次の打ち手が見つかる本セッション。参加を希望される方は、ぜひお早めにお申し込みを!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/08/09 10:45 https://markezine.jp/article/detail/31701

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング