SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

定期誌『MarkeZine』を試し読みしませんか? 気になる1冊を無料でお届け

定期誌『MarkeZine』を1冊試し読み

試し読み

 MarkeZine編集部では、マーケティングのトレンド情報を厳選して解説している定期誌『MarkeZine』を試し読みできるキャンペーンを実施中です。

 バックナンバーの第38号(2019年2月号)、第39号(2019年3月号)、第40号(2019年4月号)のうち、気になる1冊を無料でお届けします。先駆的な事例を参考にしたい、他社の考えをチェックしたい、そんな方はぜひこの機会で定期誌の購読を体験してみてください!

第38号 特集「アプリマーケティング徹底解剖」

第38号(2019年2月号)

第38号のテーマは「アプリマーケティング徹底解剖」。日進月歩で進化するアプリマーケティングの新潮流やアドフラウドの現状を解説。さらには同業界で先頭を走るアプリディベロッパー、そしてアプリマーケティングを支援する企業が持つノウハウ・知見を取材しました。

第38号を読んでみたい

第39号 特集「マーケティング発想の採用戦略」

第39号(2019年3月号)

第39号のテーマは「マーケティング発想の採用戦略」。人材獲得競争が激化する今、マーケティングの概念を採用活動に応用する「採用マーケティング」に挑む企業が出てきています。採用プロセスを実現すると、期待が寄せられています。

第39号を読んでみたい

第40号 特集「デジタル小売変革」

第40号(2019年4月号)

第40号のテーマは「デジタル小売変革」。製販一体はもちろん、最近ではポップアップストアという形で期間限定で実店舗を構える企業も出てきています。キャッシュレス決済や無人店舗など新たなテクノロジーも登場する中、小売の変革にいち早く取り組む企業のキーパーソンたちに話を伺いました。

第39号を読んでみたい

<注意事項>

  • 本キャンペーンは予告なく変更/終了する場合があります。
  • 定期誌の新規購読をご検討いただける方はどなたでもご応募可能です。
  • ご応募にはMarkeZine会員(無料)への登録/ログインが必要です。
  • 現在または過去に定期誌を購読済みの方の場合はご応募をお受けできません。
  • ご本人様以外でもご所属先が上記に該当する場合は弊社で判断さて頂きます。
  • 転売や譲渡などご検討以外でのご利用はお控えください。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング