MarkeZine(マーケジン)

記事種別

20代の約3割が、買い物でネットの口コミを「ほぼ毎回参考にする」【ジャストシステム調査】

2019/08/21 14:30

 ジャストシステムは、「モバイル&ソーシャルメディア 月次定点調査(2019年7月度)」を実施し、結果を発表した。

買い物の際、ネットの口コミをどのくらい参考にしている?

 商品やサービスを購入する時、ネット上の口コミを参考にするか尋ねたところ、「ほぼ毎回参考にする」人は21.3%、「ときどき参考にする」人は50.1%だった。

 「ほぼ毎回参考にする」人の割合を年代別に見ると、10代は24.0%、20代は29.5%、30代は24.5%、40代は22.0%、50代は16.5%、60代は12.5%。20代の割合が最も高く、約3割がほぼ毎回、口コミを参考にしていることがわかった。

7割近くが「商品が口コミほどではなく、がっかりした経験」がある

 口コミが良いという理由で購入した商品やサービスが評判ほどではなく、がっかりした経験があるかどうか尋ねたところ、「頻繁にある」「ときどきある」と答えた人の合計は68.5%と、7割近くに達した。男女別に見てみると、男性が65.9%、女性が70.8%と、女性は7割を超えていた。

投稿者の3人に1人が、口コミの審査に疑問を抱いたことがある

 商品やサービスの購入時、口コミを「ほぼ毎回参考にする」「ときどき参考にする」と答えた人のうち、口コミを「ほぼ毎回投稿する」「ときどき投稿する」と答えた人の合計は31.9%という結果に。

 このうち、投稿した口コミ内容の審査について「疑問を抱いたことがある」人は28.4%、「疑問を抱いたことはない」人は17.5%、「審査を受けた記憶はない」人は42.1%だった。

若年層ほど「新型iPhone」に興味をもっている人が多い

 今秋、発売が予想されている「新型iPhone」について、「とても興味をもっていて、購入を検討している」人は8.8%、「とても興味をもっているが、まだ購入検討までは至らない」人は13.3%で、合計すると22.1%だった。

 年代別に合計の割合を見てみると、10代は37.4%、20代は30.1%、30代は22.4%、40代は18.5%、50代は17.3%、60代は11.5%で、若年層ほど興味をもっている人が多いことがわかった。

【調査概要】
調査主体:ジャストシステム
調査期間:2019年7月23日~7月27日
調査対象:17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ「Fastask」でのアンケート調査

【関連記事】
2019年度マーテック市場規模は約3160億円 内訳はアフィリエイトが最大【ミック経済研究所調査】
2019年上期の「スマホ動画広告出稿量」、1位はネスレ日本に【ビデオリサーチインタラクティブ調査】
TikTokの平均視聴時間は42分 44%のユーザーが音楽を口ずさむ【TikTok Ads調査】
日本人が持っているスマホアプリは平均82個、実際に使っているのは3割【フラー調査】
マーケターの7割が個人情報保護規制強化に関心 関心層の5割は既に広告出稿等で影響受ける【サイカ調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5