SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通と電通デジタル、テレビCMのクリエーティブプランニングを高度化するサービスを提供開始

 電通と電通デジタルは、2017年12月にリリースした、データに基づいて動画広告表現のパフォーマンス向上を図るサービス「BRAND LIFT CHECKER(ブランド・リフト・チェッカー/以下、BLC)」の対象をネット動画からテレビCMまで拡大し、本日より提供を開始する。

 BLCは動画広告の態度変容を予測するシミュレーションツールで、視聴者の態度変容に効果的な広告表現の「要素」や「組み合わせ」を推奨する動画広告の制作サポートサービス。このたび、分析対象がインターネットの動画広告だけでなく、テレビCMまで拡大された。またAIによるモデリングも新たに搭載され、業種とデモグラフィックを掛け合わせた上で、動画クリエーティブ内の各要素がどのように態度変容へ影響するのかシミュレーションが可能になった。

 これにより、制作した動画がどの層のどのKPIをリフトする効果をもっているのかを可視化でき、ABテストを実施しながら精度を高めていく従来の手法を用いることなく、事前の高精度な予測に基づき、クリエーティブ観点でテレビCMとネット動画いずれのパフォーマンスもシミュレーション可能となる。

【関連記事】
マイナビ、電通リテールマーケティング、ZOOOGの3社、オンオフ両方のデータに基づく記事制作等を提供
電通グループ3社、物販系ECプラットフォームの広告費を発表 成長率はネット広告媒体費全体を上回る
ZOOOGと電通リテールマーケティング、SNSのプランニングから実行までを担う新ソリューションを提供
電通デジタル、AdobeとMicrosoft Azureの連携ソリューションを提供へ
電通デジタルとアドビ、 消費者1,000名を対象に「デジタル体験の好みや企業への期待」を調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング