SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PayPayが企業データベース「LBC」導入 SalesforceのSFAと連携させ市場開拓を効率化

 データベースマーケティングを支援するランドスケイプは、PayPayに企業データベース「LBC」を提供したことを明らかにした。

 PayPayは、スマートフォンを活用した電子決済サービスを展開しており、加盟店の開拓を行う上で、ターゲット企業を検索し情報収集をして営業活動する工数の負荷が大きいこと、営業・マーケティングに活用しやすい業種や売上高などの企業属性が取得しづらいことが課題になっていた。

 そこでPayPayは、導入済みのSalesforceのSFA「Sales Cloud」に企業データベース「LBC」を格納し、ホワイトスペース(未取り引き企業)を可視化し、取り引き実績と統合して営業・マーケティングに活用できる営業戦略基盤の構築を進めていく。

 PayPayはデータ基盤の構築によって、「Sales Cloud」のデータ登録を標準化し、欠損していた属性情報を更新する。市場の開拓状況を可視化したり、優先的にアプローチすべき新規ターゲットリストの抽出にも今後取り組んでいく。

【関連記事】
「ferret One」が企業データベース「LBC」と連携を開始 ユーザーの所属企業が特定可能に
インテックの統合型CRM上で日経のビジネスデータベースが利用可能に ビジネスマッチング機能も開発
KCCSの広告配信サービス「KANADE DSP」、ランドスケイプの企業データベース「LBC」と連携
精度高いBtoBマーケが可能に!DSP「Logicad」、ランドスケイプの企業データベースと連携
日本オラクル、自律型データベース・クラウドより第一弾となるサービスの国内提供を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/09/05 08:00 https://markezine.jp/article/detail/31925

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング