SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CINC、6つの感情を日本語のテキストから判定するAIを開発 「中立」の気持ちも判定可能

 CINC(シンク)は、人の気持ちを分析する上で欠かせない6つの感情をテキストから判定する感情分析AIを開発。日本語の細やかなニュアンスを判定し、精度の高い感情分析を可能にした。

 同AIは、「怒り」「恐れ」「好き」「喜び」「悲しみ」といった5次元の感情に加え、判定が困難とされる「中立」を加えた6つの感情を分析。英語に比べて構造化が難しいとされる日本語のテキストから、言葉の背景にある書き手の心情分析を実現する。

 同AIを通じて、イベント後のアンケートや面談記録などの分析作業を高速で分析できる。また、莫大な時間を要するSNSの分析に同AIを活用することで、テキストに含まれる感情の傾向を短時間で把握することも可能だ。

感情分析AIの活用例

感情分析AIの活用例

 同社は、同AIを用いた調査・分析の新サービスの開発を進めている。

【関連記事】
SOPHOLA、SEO・SEM検索自動最適化ソリューションを提供するLongtail UXと業務提携
電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗を自動化する「AI試乗ソリューション」を提供
ReproとGMOペパボの「minne」、AIを活用しパーソナライズした情報を発信する実証実験を開始
オプト、ロイヤルカスタマーを育成するAIツール「Handy CEM」の概念実証を開始
ALBERTとABEJAが業務提携 AI・分析プロジェクトとMLaaSの機能拡充において協業を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/09/19 14:00 https://markezine.jp/article/detail/32028

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング