SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』

「リアル店舗」ビジネス衰退の原因はAmazonにあらず

 米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたデジタルインテリジェンス発行の『DI. MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回は衰退が進む「リアル店舗」ビジネスの原因について考察する。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2019年11月25日刊行の定期誌『MarkeZine』47号に掲載したものです。

加速するリアル店舗業の閉鎖・破産の波

 2019年9月末、かつて一世を風靡した米ファスト・ファッションの「Forever21」が破産法を申請した。既に「Sears」「Toys“R”Us」「Lord&Taylor」「Dean&Deluca」「Barneys New York」「RadioShack」と、日本でも有名な店舗型の流通企業が続々と破産や閉鎖に至る。

 一方で現在も生き延びている側である「Macy’s」「Gap」「Lowe’s」「Abercrombie&Fitch」「Zara」等でさえも、大幅な店舗の閉店を進めている。日本においても、オンワード・ホールディングスが約600店舗の閉鎖を発表するなど、世界的に店舗への逆風が強まっている。

不振の根本的原因は来店起点のビジネスモデル

 このリアル店舗が消えゆく原因を、日本では「アマゾン・エフェクトの猛威」と短絡的に押し付けがちだ。この「エフェクト」という言葉が、単に流通業とCPG業を被害者的に扱ってしまう。むしろ、自分たちの既存のビジネスモデル自体が時代遅れであり、己自身が原因の核であることに気づけていない。

 これまでのリアル店舗を軸とする流通・小売企業は、「お客様が大切」「顧客体験」などと掲げながらも、顧客が来店してくれる(大量のトラフィックを稼ぐ)ことを前提とした、「自店舗」「自社商品」を起点にする殿様商売を継続している。マス・マーケティング的な「プッシュ」ビジネスモデルから脱することができていない形式だ。現在続いている不振の単純かつ最大の原因は、顧客とのオンライン上の契約関係づくりと、顧客からの「プル」に応えることを怠っていたことにある。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
Amazonエフェクトの本質

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』米国最新事情レポート『BICP MAD MAN Report』連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

榮枝 洋文(サカエダ ヒロフミ)

株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)/ニューヨークオフィス代表 英WPPグループ傘下にて日本の広告会社の中国・香港、そして米国法人CFO兼副社長の後、株式会社デジタルインテリジェンス取締役を経て現職。海外経営マネジメントをベースにしたコンサルテーションを行う。日本広告業協会(JAAA)会報誌コラムニスト。著書に『広告ビジネス次の10年』(翔泳社)。ニューヨーク最新動向を解説する『MAD MAN Report』を発刊。米国コロンビア大学経営大学院(MBA)修了。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/11/25 15:15 https://markezine.jp/article/detail/32375

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング