MarkeZine(マーケジン)

記事種別

EVERRISE、自社開発CDPにシングルカスタマービュー機能を実装 散らばる顧客マスタの統合を実現

2019/11/26 16:00

 デジタルトランスフォーメーション(DX)のためのテクノロジー支援を行うEVERRISE(エバーライズ)は、自社開発した顧客データ活用のための次世代データベースエンジンCDP「INTEGRAL-CORE(インテグラルコア)」について、「シングルカスタマービュー(SCV)」機能を新たに実装した。

 CDPは、オンライン上の行動履歴、広告データ、オフライン実店舗での行動データなどを収集・統合し、顧客一人ひとりの姿を可視化するデータ基盤。広告配信などアクションの最適化、顧客理解、顧客体験向上、新しいビジネスモデル構築を進める上でハードルになる「データのサイロ化」を解決するものだ。

 同社の提供するCDP「INTEGRAL-CORE」に新たに搭載されるSCVは、データの種類や書き込み方の異なる複数の顧客マスタデータをまとめあげ、保有するデータを無駄にすることなく「一人の顧客像」の構築を実現する機能だ。具体的には、リストから一人の顧客を絞り込み、その顧客にひもづいた購買情報や自社サイト内での行動データ(トランザクションデータ)の確認ができるようになる。

【関連記事】
EVERRISEのETLツール「HARBEST」、Twitterソーシャルデータ収集に対応
EVERRISE、CDPに関するセミナーを開催 活用事例&新ビジネス創出のヒントを紹介【参加無料】
EVERRISE、米国CDP協会に加盟 顧客データ管理に関する情報の発信へ
EVERRISEのCDP「INTEGRAL-CORE」がLPOツール「DLPO」と接続を開始
EVERRISEの「INTEGRAL-CORE」がBIツール「Yellowfin」とデータ接続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5