SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINE、LINE LIVEにおいてUUUMと提携/ライブ配信者の育成・マネジメントプログラムを開始

 LINEは、同社が展開する動画配信サービス「LINE LIVE」において、ライブ配信からスターを生み出すプログラム「LIVER Support Program(ライバーサポートプログラム)」を開始。それにともない、同プログラムにおいて、動画クリエイターを始めとしたインフルエンサーマネジメント・サポートを手がけるUUUMと業務提携を締結した。

 「LINE LIVE」は、LINEアカウントやTwitterアカウントがあれば誰でも簡単に配信が可能なライブ配信サービス。サービス開始以降、アーティストが新曲を披露したり、アイドルが新しい発表をしたりなど、リアルタイムでファンとコミュニケーションできる場として活用されている。

 新たに始動する「LIVER Support Program」は、ライブ配信からスターを生み出すプログラム。LINE LIVE専門アドバイザーによるマネジメントや人材育成をはじめ、配信サポート、専用インセンティブプログラムなどあらゆる面から支援を行い、ライブ配信者がライブ配信を通じて成長し、活躍できる環境を創出する。

 UUUMは、同プログラムの第一弾パートナーとなる。プログラムに参加している一部のライブ配信者には、LINEとUUUMで共同マネジメントを行い、動画制作やSNS活動におけるノウハウを共有する。そのほか、UUUM運営のオンラインストア「MUUU(ムー)」で、ライバーのオリジナルグッズを販売するなど、様々な面で連携していく。

【関連記事】
ALSOK、営業員を中心とした約2,500名に「LINE WORKS」を導入
LINE、横断的データ活用を通じて最適な広告配信を実現する「クロスターゲティング」を提供
2019年Webサイト訪問数トップはGoogle アプリユーザー数ではLINEに【ヴァリューズ調査】
LINEとエビソル、AIを利用した音声自動応答サービス「LINE AiCall」の実証実験を開始
LINE、デジタル販促のコア機能をオープン化しAPIとして提供開始 パートナー制度も新設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/01/09 16:45 https://markezine.jp/article/detail/32543

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング