SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ブリッジ、インサイドセールスにおけるアウトバウンドコールの会話内容をナビするAIソリューション提供へ

 ブリッジインターナショナル(以下、ブリッジ)は、インサイドセールスの業務を支援する「SAIN」(Sales AI Navigator)のコールナビサービスを本格販売開始した。

 「SAIN」は、会話内容の改善指導をサポートする「モニタリング」、絞り込みを行う「ターゲティング」、お客様との会話をリアルタイムにナビゲートする「コールナビ」の3つのサービスを備えている。モニタリング、ターゲティングは昨年5月に販売を開始し導入を進めていたが、お客様との会話をAIで支援する「コールナビ」の開発を日本アイ・ビー・エムの協力を得て完了し、本格販売に至った。

 コールナビは、モニタリングの上位エディションとして提供され、IBM Watsonの音声認識機能と自然言語処理機能を活用。同社によると、Watsonはインバウンド型の問い合わせやサービス対応としては多く活用されているが、アウトバウンド型の法人営業において活用するのは画期的な取り組みだという。

 本サービスはインサイドセールス担当者とお客様との会話をリアルタイムで把握しつつ、複雑な商品やサービスの成約につなげる営業活動にAIを採用するためのノウハウを集約しており、ブリッジはこの技術を使ったビジネスモデルの特許を取得した。

 課題発掘率・引き合い化率の向上によるインサイドセールスの生産性向上といった短期的効果に加え、社内関係部署へのフィードバック強化、インサイドセールス組織強化に向けた情報蓄積といった中長期的効果が見込めるという。

【関連記事】
ショーケースとブリッジ、BtoB向けに動画広告からインサイドセールスまで支援するサービス提供
SATORIとエムエム総研が協業!インサイドセールス支援を加速へ
AIテクノロジーでインサイドセールスを強化!ブリッジインターナショナル、「SAIN」をリリース 
ADK MS、日本IBMと「ALPHA BOX」として共同事業を開始 企業のCX向上・変革を推進
IBMとセールスフォース、戦略的パートナーシップを強化 AIがカスタマーサポートを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/12/09 13:20 https://markezine.jp/article/detail/32563

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング