SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2020年は応援消費/中国テイストが20歳女性のトレンドに!?【SHIBUYA109 lab.調査】

 SHIBUYA109エンタテイメントが運営する若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.(シブヤイチマルキューラボ)」は、20歳前後の女性を対象にトレンド調査を実施。その結果から2020年のトレンド予測を発表した。

カフェ・グルメ部門:「おいしさ」と「映え」の共存が必須

 20歳前後の女性は「食」を中心に遊びの予定を決めており、「おいしさ」と「映え」の共存が必須となる。「モクパンセット」は、トッポギやチーズボールといった韓国料理が少しずつワンプレートに入ったもの。韓国の大食いYouTuberの「モッパン動画(大食い動画)」をきっかけに、トレンドになっている。

 また、カフェや居酒屋で提供されるドリンクグラスにテキストやイラストが描かれている「映えグラスドリンク」、タピオカやカフェラテの表面に好きな写真をプリントできる「プリントドリンク」も流行した。

 2020年も、カフェ・グルメだけでなく、ファッション・コスメなど様々なカテゴリーにおいて、韓国カルチャーの影響力が根強い見通し。また、レトロな雰囲気が漂うカフェやグルメも支持を伸ばしそうだ。

モノ・コト部門:中国テイストがトレンドの兆し

 ファッションやメイクについては、中国テイストがトレンドとなる見通し。Instagramでは、#中国ファッション、#チャイボーグなどのハッシュタグで中国メイク・ファッションを情報収集する人が増えている。

 また、「タトゥーシール」はInstagramで話題になったことがきっかけで注目が高まっているほか、自分の好みの香りや色をセレクトして作れる「オリジナルファブリックミスト」が人気に。さらに、勉強している様子や文房具をかわいく撮影する「スタディグラム」や、自宅の部屋作りに力を入れる人が増えていることから、韓国雑貨にも注目が集まっている。

ヒト部門:友達のような距離感のインフルエンサーが人気に

 YouTubeやTikTok、Instagramなどで短いネタ動画を発信し、SNSを起点に人気を得るお笑い芸人が増えている。お笑いコンビ「レインボー」や「スクールゾーンはしも(お笑いコンビ「スクールゾーン」の橋本稜さん)」など、身近に存在しそうな人のモノマネや、あるあるネタが人気に。

 また共通点は、友達のような感覚・距離感のインフルエンサーであること。カリスマ性よりも、親近感が持てるインフルエンサーに注目が集まる傾向がある。

アーティスト部門:ポイントは「応援したくなる」こと

 アーティスト部門では、関西ジャニーズJr.のメンバーで結成された「なにわ男子」や、韓国発のサバイバルオーディション番組「PRODUCE101」の日本版「PRODUCE 101 JAPAN(通称、日プ)」など、男子アイドルグループが人気となりそう。注目アーティストには、ステージ上では見ることができない「裏側」を見ることができたり、伸びしろのあるグループであったりと、応援したくなる要素が見つかる。

【調査概要】
1. SHIBUYA109ガールズ調査2019年8月~11月
調査主体:SHIBUYA109 lab.
調査期間:2019年8月~11月
調査対象:「SHIBUYA109」に来館した15~24歳の女性
有効回答数: N=100/毎月
上記調査結果から2020年にトレンドとなりそうなトレンドキーワードを、カフェ・グルメ部門、モノ・コト部門、ヒト部門、アーティスト部門で選出。

2. SHIBUYA109ガールズ トレンド予測調査
調査主体:SHIBUYA109 lab.
調査期間:2019年11月
調査対象:「SHIBUYA109」に来館した15~24歳の女性
有効回答数:N=187

【関連記事】
テレビCM出稿担当者、過半数が2019年の投資増を回答/代わりにネット広告を減らす傾向【サイカ調査】
消費者の7割超がEコマースでモバイルを利用/Z世代の34%がSNS経由で買い物を経験【ペイパル調査】
2019年Webサイト訪問数トップはGoogle アプリユーザー数ではLINEに【ヴァリューズ調査】
SVOD利用率がDVD・BDを上回る 日本のドラマが市場を牽引【GEM Partners調査】
2019年の動画広告市場は昨対比141%の2,592億円に/モバイルが約9割を占める【CA調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング