SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ワンメディアとCA、企業YouTubeアカウントの開発&運用を行う広告ソリューションの提供を開始

 ワンメディアは、サイバーエージェント(CA)と共同で、広告主企業の自社YouTubeチャンネルの開発・運用を行うコンテンツマーケティングソリューション「ブランデッドチャンネル」の提供を開始した。

 このソリューションは、広告主企業の自社YouTubeチャンネルの開発から動画の企画、撮影、編集、広告運用までをワンストップで提供するもの。企業がYouTubeで施策を実施する際、YouTubeタレントとのタイアップといった単発の施策に留めず、コンテンツを自社の資産としてストックしていく仕組みを支援する。

 ワンメディアは、独自のヴィジュアルストーリーテリングでブランドメッセージをエンタメコンテンツ化してきた強みを活かし、同ソリューションにおける動画の企画・制作を行う。一方広告運用の役割は、デジタル領域におけるソリューションを数多く展開するサイバーエージェントが担う。両社の強みを掛け合わせることで、ブランドの価値向上につながるコンテンツマーケティング支援の実現を目指す。

【関連記事】
ワンメディア、総額約4.2億円を資金調達 クリエイターネットワーク事業「ONE BY ONE」を始動
ワンメディア、ヤフー向け動画広告パッケージを開発 ユーザー属性に加え趣味・趣向に合わせた配信が可能に
ミレニアル世代に届く動画の企画・制作~配信を支援!ワンメディア、「ONE NETWORK」をリリース
ワンメディア、グノシーと共同で動画コンテンツ広告メニューを開発
2019年の動画広告市場は昨対比141%の2,592億円に/モバイルが約9割を占める【CA調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/12/19 15:00 https://markezine.jp/article/detail/32656

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング