SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine RESEARCH(PR)

マーケティングの課題、最大は「人材不足」?

 MarkeZineでは、マーケティング最新動向に関する実態を浮き彫りにすべく、アンケート調査を実施、1,000名以上の業界関係者から回答が得られた。調査結果を抜粋して紹介する。

※本記事は、2020年2月25日刊行の定期誌『MarkeZine』50号に掲載したものです。

マーケ予算への関与

 回答者のマーケティング予算への関与については、「予算の決定を行っている」13.6%、「予算の計画に関わっている」46.5%、「予算の決定・計画に関与していない」39.9%であった(図表1)。

図表1 マーケティング予算への関与(タップで拡大)
図表1 マーケティング予算への関与(タップで拡大)

マーケ予算を統括している部署

 回答者の勤務先でマーケティング予算を統括している部署は、「マーケティング」が最も多く44.3%、次いで「経営企画/事業開発」29.9%、「経営全般」29.2%の順となった(図表2)。

図表2 マーケティング予算を統括している部署(タップで拡大)
図表2 マーケティング予算を統括している部署(タップで拡大)

効果測定に関する課題

 広告・マーケティング施策の効果測定に関する課題としては、「測定結果をもとにPDCAを回すまでに至っていない」が最も多く40.8%、次いで「必要なデータが集められていない」35.5%、「施策のKPIと売上のKPIの関係が見えていない」35.0%だった(図表3)。

図表3 広告・マーケティング施策の効果測定に関する課題(タップで拡大)
図表3 広告・マーケティング施策の効果測定に関する課題(タップで拡大)
本調査の全結果とクロス集計の結果に加え、 「マーケティングをめぐる近年の動向の概 観」や「主要マーケティングプラットフォー マーの動向」をまとめた『マーケティング 最新動向調査 2020』は、翔泳社の EC サイ ト「SEshop」でのみ販売しております。

本調査の全結果とクロス集計の結果に加え、「マーケティングをめぐる近年の動向の概観」や「主要マーケティングプラットフォーマーの動向」をまとめた『マーケティング最新動向調査2020』は、翔泳社のECサイト「SEshop」でのみ販売しております。

 

『マーケティング最新動向調査2020』の詳細をみる

次のページ
取り組んでいるもの

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine RESEARCH連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/24 18:03 https://markezine.jp/article/detail/32919

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング