SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

人基点でデジタル×テレビの広告効果を最大化  電通グループ2社が「デジテレMAX」を設立

 電通と電通デジタルは、デジタル広告とテレビ広告の効果を最大化させることを目的としたプロジェクト「デジテレMAX」を設立、サービスを開始した。

プロジェクトのロゴ
プロジェクトのロゴ

 同プロジェクトは、両社のスペシャリストが「人」基点でマーケティングプラニングを行い、マーケティングROIをより改善して顧客企業の事業成長に貢献するものだ。

 具体的には、519万台のインターネットに結線されたテレビ視聴データを活用して、テレビを見ている人にデジタルでも情報を届けること、興味関心別に適切な広告コンテンツを出し分けることなどが可能となる。

 なお、同プロジェクトでは、各企業が保有する1stパーティデータに加え、2ndパーティデータや電通グループ独自の統合マーケティングプラットフォーム「People Driven DMP」などの3rdパーティデータと連携させることで、顧客像をより立体的に可視化し、顧客に応じた施策を実施することができる。

 メディア接触データや購買行動データなど様々なデータをつなぐことで統合的なメディアプランニングを行い、さらに独自のターゲティング技術で効果の期待できる顧客へのアプローチを実行する。

プロジェクトの概略図
プロジェクトの概略図

 また同プロジェクトでは、電通が2月に新設したデータドリブン・クリエーティブ・センターと、電通デジタルのアドバンスト・クリエーティブ・センターが協業。テレビ広告とデジタル広告の相乗効果を生み出すプランニングのメソッド化や、最適な制作ワークフローの整備、表現の最適化を実現するソリューション開発等を行っていく。

【関連記事】
電通グループ11社、ワンストップのコマースソリューションサービスを提供開始
動画広告が大きく伸長、全体の約2割に 電通グループ4社が「2019年 日本の広告費」の詳細分析を発表
ネット広告費初の2兆円超 テレビメディア広告費を上回る【電通 2019年 日本の広告費】
購買意欲を促進する広告媒体として最も多く選ばれたのは「テレビCM」/信頼できる媒体は?【サイカ調査】
博報堂DYメディアパートナーズ、テレビとデジタル双方の出稿効果を高める広告プロデュースチームを発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/03/27 11:15 https://markezine.jp/article/detail/33078

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング