SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アプリ分析ツールApp Ape、「ゲームアプリ課金率分析」を無償公開

 フラーは、同社が提供するアプリ分析ツール「App Ape(アップ・エイプ)」にて、新たな指標としてゲームアプリの課金率分析を開発した。

 同社のゲームアプリ課金分析は、主要ゲームアプリ100件を対象に、月間で課金率を算出したもの。各アプリに対して、対象月のアクティブユーザーのうち、課金行動を行ったユーザーの割合を月間課金率としている。

 今回の課金率分析では、ユーザーの何%が課金をしたのかというデータを通じ、ゲームアプリのユニットエコノミクスを分析することが可能に。また、独自指標である性年代ごとの課金率を出すことで、どんな属性のユーザーが実際に課金行動を行っているかを発見できる。

全性年代と性年代別の課金率(2019年月別データ)
全性年代と性年代別の課金率(2019年月別データ)

 同分析は、無償で閲覧可能なプラットフォーム「App Ape Alpha(アップ・エイプ・アルファ)」上で公開されている(※)。

(※)開発途中のデータである性格上、「App Ape Alpha」は数値や指標について予告なく変更・削除される可能性がある。

【関連記事】
ストックホルム発のスニーカーストア「SNS」がポスターと連動したARバスケットボールゲームをリリース
宇治市、魅力発信のためにゲームアプリを制作 公家風のキャラクターが躍動するレトロ風アクションゲームに
ファンタ、Coke ONアプリでラベルを読み取るとARで乃木坂46が登場するモノマネゲームボトル発売
「ラクマ」に「バーコード出品」機能が追加 本、DVD、ゲームソフトなどの商品情報を自動で入力
電通、セガゲームス系のクロシードデジタルを関連会社化 ゲーミフィケーションでクライアントを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/04/10 16:00 https://markezine.jp/article/detail/33184

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング