MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オトナルとJ-WAVE、ポッドキャスト番組でのデジタル音声広告の販売を開始

2020/04/16 16:45

 オトナルとJ-WAVEは、ポッドキャスト番組でのデジタル音声広告の販売を開始した。これにより広告主は、オトナル経由でJ-WAVEがポッドキャストに配信している各ポッドキャスト番組の広告枠を、デジタル音声広告として予算に合わせて購入できるようになる。

タップで拡大
タップで拡大

 ポッドキャスト番組の配信先としては、「Apple Podcasts」「Googleポッドキャスト」のほか、ポッドキャストを聴取できる「Spotify」、「Castbox」をはじめとした各種ポッドキャストアプリ、J-WAVEの展開するデジタル音声配信サービス「SPINEAR」などが用意されている。

 また、ポッドキャスト番組がスマートスピーカー「Google Home」、「Amazon Echo」で再生された場合にも広告が挿入される。

タップで拡大
タップで拡大

 これにより、広告システム経由で音声コンテンツの再生数(ダウンロード数)に応じた広告配信が可能に。広告主の予算や希望のタイミングに合わせた柔軟な出稿を実現する。

タップで拡大
タップで拡大

 また広告の配信にあたっては、配信日時や曜日といった日時ターゲティング、県単位でのエリアターゲティング、特定のデバイスだけに配信するデバイスターゲティングといったデジタル音声広告ならではの配信条件による広告出稿が可能だ。

タップで拡大

タップで拡大

【関連記事】
西日本新聞メディアラボ、音声広告の配信を支援する「MiMiAD」を提供開始
デジタル音声広告市場、前年対比229%の16億円に成長と予測【デジタルインファクト調査】
ロボットスタート、メディア音声化サービス「Audiostart」で音声広告の配信を開始
オトナルとラジオNIKKEI、ポッドキャスト番組におけるデジタル音声広告を販売開始
オトナルと文化放送、ポッドキャスト番組でのデジタル音声広告の販売を開始 予算に合わせた配信が可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5