SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビーコンを利用してリアルタイムプッシュ通知を可能に スイッチスマイルが新広告メニューを提供開始

 スイッチスマイルは、GMOタウンWiFi(以下、タウンWiFi)が開発・提供するフリーWiFi自動接続アプリ「タウンWiFi」を媒体として、スイッチスマイルが全国に設置したビーコンを活用する広告メニュー「pinableAd Townwifi」の提供を開始した。

 スイッチスマイルは、POI位置情報マーケティングプラットフォーム「pinable(ピナブル)」を開発・提供している。同プラットフォームでは、全国の交通機関や商業施設に設置したビーコンによって得られたビッグデータをロケーションデータベースとして構築し、位置情報のみならず属性や行動パターン、周辺環境などの意味情報も含めたデータが活用できる。

 今回開始したpinableAd Townwifiでは、pinableにタウンWiFiユーザーの属性情報を掛け合わせたセグメンテーションが可能に。これにより、場所、時間、ターゲット、コンテンツにおいてより最適な広告配信を実現する。

 配信のトリガーとなるpinableビーコンは、全国主要都市の交通機関、商業施設、観光地などに設置されており、数センチメートルから数十センチメートルという高い精度で位置を測定することが可能。モバイル端末の個別信号を識別して通信する。これにより、タウンWiFiのユーザー層からピンポイントなターゲティングを可能にする。

【関連記事】
位置情報ビッグデータ活用で店舗の売上増 クロスロケーションズが同志社大学と実証実験、コロナ禍の支援へ
FoursquareとFactualが合併 位置情報マーケティング関連技術およびデータ提供領域で連携
アクセスプログレス、位置情報を活用したDSPを提供 消費者のスポットから類推したネット広告を配信
匿名位置情報を活用したアンケートが可能に クロスロケーションズ、ディーアンドエムと調査サービスを開始
ヒトクセとGMOタウンWiFi、店舗のフリーWi-Fiから来店者をECに誘導する無償サービスを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/05/18 18:30 https://markezine.jp/article/detail/33414

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング