SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

popIn、メディアの音声コンテンツに対して収益を還元する音声プログラム「popIn Wave」提供

 ネイティブ広告ネットワーク事業を手掛けるpopInは、音声コンテンツと広告の二つの収益をWebメディアに還元する音声プログラム「popIn Wave(ポップインウェーブ)」の提供を開始した。

タップで拡大
タップで拡大

 同プログラムは、オトバンクが提供するオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」と提携し、メディアの音声コンテンツ企画、編集・制作を補助。同社が制作したコンテンツをpopInが提供するブラウザで再生可能なプレーヤー「popIn Wave」並びに音声アプリ「audiobook.jp」に配信することで、再生回数と聴取率に応じた収益が得られる仕組みだ。

 これによりメディアは、ブラウザでpopIn Waveを記事と別タブで立ち上げれば、音声コンテンツを聞きながら記事を読む体験をユーザーに提供可能。なお、同プログラムに参加するメディアは、記事にpopInのレコメンドウィジェットを設置し、音声収録など週3本以上のコンテンツ制作をする必要がある。

 音声コンテンツへの集客にあたっては、同社が「popIn Discovery」のアドネットワークやレコメンドエンジンを提供することで、全体として約100万再生規模まで担保できるよう支援する形だ。

 現在、同プログラムには、ハフポスト日本版、プレジデントオンライン、和樂webが賛同している。

【関連記事】
オトナルとJ-WAVE、ポッドキャスト番組でのデジタル音声広告の販売を開始
西日本新聞メディアラボ、音声広告の配信を支援する「MiMiAD」を提供開始
デジタル音声広告市場、前年対比229%の16億円に成長と予測【デジタルインファクト調査】
ロボットスタート、メディア音声化サービス「Audiostart」で音声広告の配信を開始
オトナルとラジオNIKKEI、ポッドキャスト番組におけるデジタル音声広告を販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング