SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

チーターデジタル、伊藤忠ファッションシステムと協業 クライアント企業の顧客ロイヤルティ戦略を推進

 チーターデジタルは、伊藤忠ファッションシステム(以下、ifs) と、クライアント企業の顧客ロイヤルティ戦略の推進を目的とする支援において協業することを合意した。

 両社は共同で、消費者の意志に基づき提供されるゼロパーティデータを活用し、ファッションをはじめとする多業種のブランドマーケティングにおいて、ロイヤル顧客のインサイト把握を軸とした店舗とeコマースにおける顧客接点の強化から、商品開発に至るまでの顧客ロイヤルティ戦略を支援していく。

 具体的には、次のサービスを提供する。

1. ロイヤル顧客の可視化
業界独自の購買行動に加え、ブランドに対する心理的なロイヤルティを定量的に把握することで、ロイヤル顧客を定義する。それを基礎として、ロイヤル顧客化する条件を可視化させ、オムニチャネルにより良い顧客体験を実装することが可能に。

2. オムニチャネル促進と接続性強化
ロイヤル顧客になる条件を軸として、店舗およびeコマースの接点で新たな顧客体験をデザインし、実装する。

3. バリューチェーンへの浸透
商品開発・店舗運営・サービスブランディングなどのバリューチェーンにおいて、同様のアプローチで顧客体験を改革し、業務指標管理手法の提案を行う。

 チーターデジタルが提供する次世代マーケティング プラットフォーム「Cheetah Digital Customer Engagement Suite」は、ロイヤル顧客を把握し、優良顧客化する条件を抽出することで、消費者が求めるカスタマイズされた顧客体験を提供することが可能。ifsとの協業によって、クライアント企業のロイヤルティ戦略の実践を支援していく。

【関連記事】
チーターデジタル、Web接客ツールのSprocketと協業 データ連携で一貫した顧客体験を提供
消費者の43%が「商品やサービスと引き換えに企業に情報提供したい」と回答【チーターデジタル調査】
チーターデジタル、ゼロパーティデータと顧客ロイヤルティの実用性を研究する「0 to Loyal」発足
チーターデジタル、日本法人の新経営体制を発表 カントリーマネージャーに公家尊裕氏が就任
コロナ禍で注力した活動は「SNS活用・広告」が6割 ファンや既存顧客に向けた投資が顕著に/AMN調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/06/10 12:30 https://markezine.jp/article/detail/33597

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング