SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』マーケターの本棚

西井敏恭さんの2冊

 マーケティング業界で活躍するキーパーソンたちの知識量、またそこから生み出される斬新なアイデアにはいつも驚かされます。彼ら・彼女たちは、日々どのように情報収集を行っているのでしょうか? 普段あまり明かされることがない「マーケターの本棚」を覗いてみましょう。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2020年6月25日刊行の定期誌『MarkeZine』54号に掲載したものです。

シンクロ 代表取締役社長/オイシックス・ラ・大地 執行役員 CMT 西井敏恭氏
ドクターシーラボにてWebマーケティングの責任者を務め、独立。国内大手からスタートアップ企業のマーケティングアドバイザーや、デジタルマーケティングのe-ラーニングサービス「コラーニング」の事業開発をしながら、オイシックス・ラ・大地で執行役員CMTとしてサブスクリプションモデルのEC戦略を担当。2019年からは家族型ロボット LOVOTを手掛けるGROOVE XのCMOに就任。デジタルマーケティングのプロとして、雑誌や新聞などのメディア、講演に多数出演。

Q1.最近、いちばん感銘を受けた書籍とその理由は?

 富永朋信さんの『「幸せ」をつかむ戦略』です。

『「幸せ」をつかむ戦略』富永朋信(聞く人)ダン・アリエリー(答える人)日経BP1,600円+税
『「幸せ」をつかむ戦略』
富永朋信(聞く人) ダン・アリエリー(答える人) 日経BP1,600円+税

 前職にいるときに初めて聞いた「行動経済学」という言葉。書籍のタイトルからはマーケティングとは全然関係のない怪しい本に見えますが(笑)、ドミノピザや西友などのマーケティング責任者を歴任されてきた富永さんが聞き手となり、行動経済学の世界的権威のダン・アリエリーさんが答える、というとても豪華な内容です。

 行動経済学とは「人は必ずしも合理的な意思決定ばかりしない」ということをいろいろと研究された学問だそうで、多機能で低価格なスマートフォンよりもiPhoneが売れていたり、コーヒーが飲みたいはずだったのにインスタ映えするタピオカドリンクを買ってみたり、とマーケティングとかなり密接した関係にある知識だと思っています。インタビューアーの富永さんもそんな行動経済学にはまり、ついには権威であるダン・アリエリーさんに会いに行くわけですが、アマゾンが便利なのになぜ本屋に行ってしまうのか、というマーケティングの話から、チームのモチベーションをあげてパフォーマンスを発揮させるにはどうすればいいか、という話。

 そして、パートナーとの幸せな過ごし方にまで話は広がります。マーケティング4.0「顧客の自己実現」やウェルビーイングなどが重要と言われている現在、改めて顧客の幸せを実現するってどういうことなのか、を考えさせられました。初めて付き合った相手と結婚した人と、10人と付き合った末に結婚した人はどっちが幸せか? 答えはぜひ書籍を読んでみてください!

Q2.「マーケターならこれを読むべし!」という書籍とその理由は?

 ZOZOテクノロジーズ野口さんの『文系AI人材になる』です。

『文系AI人材になる―統計・プログラム知識は不要』野口竜司著東洋経済新報社1,600円+税
『文系AI人材になる―統計・プログラム知識は不要』
野口竜司 著 東洋経済新報社1,600円+税

 今後マーケティング職に就く人にとって、AIは切り離せない存在です。本書ではAIを「識別系」「予測系」「会話系」「実行系」×「代行型」「拡張型」などわかりやすく分類し、それぞれどう使うのか、といったところまで言及されています。AI系の書籍はたくさん読みましたが、一番わかりやすかったです。また、タイトルの通り文系の人でも利用できるところまで落とし込んでいるため、非エンジニアの方でもわかりやすいのではないでしょうか。

 マーケターの方は文系出身が多いのですが(ちなみに私は理系です)、若手のマーケターだけでなく、経営レイヤーでもAIやデータといった話になった途端に現場に丸投げで事業を成長させるところまで落とし込めていない企業が多いと感じます。20年前はWebを使ったビジネスが事業の中心になる、と思っていましたが、Webを作れる人が中心ではなく、Webを使ってビジネスできる人が大事だったと思います。それと同じく、今後はAIを使ってビジネスを作れる人が重要になってきます。

 もちろんデータの構造やプログラミングの知識などがあったほうがいいとは思いますが、まずはAIをわかりやすく分類し、実践できるところまで解説されているこちらの本を、マーケティングに関わる方は読んでみるといいと思います。

この記事は定期誌『MarkeZine』購読者限定です。お申し込みをされますと続きをお読みいただけます

次のページ
Q3.日々の情報収集、どのように行っていますか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』マーケターの本棚連載記事一覧

もっと読む

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング