SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

著者情報

福島 芽生(編集部)(フクシマ メイ)

1993年生まれ。早稲田大学文学部を卒業後、書籍編集を経て翔泳社・MarkeZine編集部へ。Web記事に加え、定期購読誌『MarkeZine』の企画・制作、イベント『MarkeZine Day』の企画も担当。最近はSDGsに関する取り組みに注目しています。


執筆記事

  • IDFA使用制限後の「アプリマネタイズ」を考える

     個人情報保護の重要性が高まる中、2020年にAppleより発表されたIDFAの使用制限の施行にともない、アプリにおけるマネタイズ手法を改めて考...

    0
  • 私たちのキャリア論(BtoC編)

     マーケティング思考を持ち、最前線で活躍するBtoC企業の6名に「新人時代に意識していたこと」「キャリアを築くうえで大切にしていること」を聞きま...

    0
  • D2Cをバズワードで終わらせず、成功企業から学ぶ:定期誌『MarkeZine』第62号

     近年急速に増えているD2C。バズワードのように語られがちですが、数多くのサービスや商品が登場し、成功している企業も少なくありません。いったい何...

    0
  • 効果的なEC運用を実現する3要素

     コロナ禍の影響を受け、ECシフトの流れが加速している。オフラインでの顧客接点が限られていくなかで、EC運用の必要性を感じている事業者も多いので...

    0
  • “共創”を通じて新しいJAPAN BRANDを確立する MOON-Xが目指すデジタル時代のモノづくり

     元Facebook Japan代表の長谷川晋氏が2019年に立ち上げたMOON-X。クラフトビールブランドの「CRAFT X」からはじまり、現...

    1
  • 強者だけが生き残る「淘汰期」へ 米国におけるD2C最新トレンド

     小売の流通経路を利用せず、商品を消費者に直接ECで販売するD2C。過去10年でD2Cが急成長した米国では既に伸びが鈍化し、ユニークな特徴を備え...

    7
  • Special Contents

    PR

  • D2Cは、EC事業と何が異なるのか?

     D2Cは中間流通業者を通さず、自社ECサイトを通じて顧客に製品を直接販売するビジネスモデルだ。この「ECを通じた直接販売」という点に着目すると...

    5

118件中1~7件を表示

戻る