MarkeZine(マーケジン)

記事種別

フォロワーゼロから爆発的再生回数を連発!カルビー「サッポロポテト」のTikTok活用術

2020/07/27 11:00

 本記事では、TikTok内外で話題を呼んだカルビーのスナック菓子ブランド「サッポロポテト」のレシピ動画施策について、同ブランドのマーケティングを担当しているカルビーの河内麻由子氏、レシピ動画の企画・制作を支援したトピカの石川怜氏と戸村亮太氏、そしてTikTok For Business Japanの井口祐美子氏にインタビューを実施。取材を通じて、企業がTikTokを活用して生活者にブランドの理解・関心を深める方法が明らかになった。

目次

ブランドの更なる接点拡大を目指してTikTokを活用

MarkeZine編集部(以下、MZ):カルビーのサッポロポテトがTikTok活用を始めた背景、狙いについて教えてください。

河内:「サッポロポテト」ブランドでは2019年よりSNS上のコミュニケーションを強化しており、TikTok活用もその一環となっております。

 2019年にプロモーションがきっかけでTwitterの公式アカウントを開設し、双方向でのコミュニケーションができるチャネルとして継続的に運用しております。そして、ブランドの更なる接点拡大を目指して進化し続けている媒体であるTikTokでもコミュニケーション接点を設けようと決め、2020年4月に公式アカウントを立ち上げました。

カルビー株式会社 マーケティング本部 商品4部 2課 河内麻由子氏
カルビー株式会社 マーケティング本部 商品2部2課 課長 河内 麻由子氏

MZ:様々なプラットフォームがある中で、なぜTikTokなのでしょうか。

河内:2つあり、1つはZ世代も取り込んでいきたいからです。ロングセラーブランドとして、高い認知はある一方で次の世代へのアプローチはブランド育成の観点から重要になります。TikTokは幅広い世代に使われるプラットフォームでありながら、Z世代にも強く多くの方へのアプローチができることから選択しました。

 もう1つは、「楽しい」というブランドのキャラクターを出していきたいためです。サッポロポテトは「つぶつぶベジタブル」と「バーべQあじ」の2つのサブブランドから構成されており、形状もフレーバーも違うというユニークなブランド特性を持っています。

 TikTokも、ユーザーに楽しんでもらえるコンテンツがたくさん上がっており、おいしさのみならず「楽しい」というイメージを持ってもらうプラットフォームとしては最適だと考えました。

MZ:TikTok For Business Japanの井口さんにお聞きしますが、河内さんの話していたような目的でTikTokを活用する企業は増えているのでしょうか。

井口:TikTokは楽しくポジティブなイメージが持たれやすいプラットフォームだと思います。出稿いただく広告を見ても、ユーザーに楽しんでもらえるコンテンツであることを重視して制作されているケースが多いです。

 現在は、企業がアカウントを開設して継続して発信している事例はまだ少ない状況で、その中でカルビー様にはトピカ様とご一緒に継続的にコミュニケーションを取る施策を展開いただきました。

TikTok Ads Brand Advertising-Client Partnerships 井口 祐美子氏
TikTok For Business Japan Brand Advertising-Client Partnerships 井口 祐美子氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5