MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ウェザーニューズ、気象データに連動した「天気連動広告」提供 位置情報に応じた出し分けを可能に

2020/07/03 15:05

 ウェザーニューズは、天気アプリ「ウェザーニュース」において、気象データに連動して広告を配信できるサービス「天気連動広告」の提供を開始した。

 同サービスは、同社が解析・予測する気象データと、アプリユーザーの位置情報とを掛け合わせ、ユーザーの現在地の気象状況に応じた広告を「ウェザーニュース」内で自動配信できるもの。具体的には、1kmメッシュで広告を出し分けることで、ユーザーの位置情報の天気に合わせた精度の高いターゲティングを実現。これにより広告効果の向上が期待できる。

 また、天気や気温などの気象要素に加え、同アプリの「体感指数」を活用した広告の出し分けも可能。体感指数は、気象データとユーザーからの体感報告の分析から、「暑い」「寒い」「ちょうどいい」など、ユーザーの体感を10ランクで算出したもの。全国のユーザーから寄せられた体感報告と気象データの分析結果を基に、地域特性も反映している。

体感指数イメージ
体感指数イメージ

 同サービスを活用することで、天気に合わせたクリエイティブの出し分けによる商品訴求や、天気に合わせたメッセージでの訴求が可能になる。具体的には、暑さ、寒さによって冷たい飲み物と温かい飲み物のバナーを出し分けたり、雨の日限定のキャンペーンなどの活用ができる。

【関連記事】
資生堂と日本気象協会が共同で「寒暖差肌荒れ指数」開発 天気予報専門メディア「tenki.jp」で提供
小田急電鉄、新宿駅に天気や気温と連動するデジタルサイネージを導入 IPカメラによる通行者データも活用
お天気コーナーから“シームレスに”CMへ突入!博報堂DYMP、メ~テレと「お天気コーナーアド」実施へ
天気に合わせて広告を自動配信!電子チラシサービス「Shufoo!」に気象ターゲティング広告が登場
天気や気温に合わせた広告配信!ヴァル研究所、「気象連動型広告」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5