MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ラクスルとウェザーニューズが協業を開始 全国エリアを対象に「天気連動型テレビCM」の放映が可能に

2020/07/30 15:15

 ラクスルとウェザーニューズは、ラクスルが展開する広告のプラットフォーム「ノバセル」におけるテレビCMの放映効果データと、ウェザーニューズが展開する気象データサービス「WxTechTMサービス」を活かしたマーケティング施策の提供を目的に協業し、ラクスルは全国エリアを対象とした「天気連動型テレビCM」の提供を開始した。

 天気連動型テレビCMでは、ウェザーニューズが提供する気象予報データを元に、クリエィティブを選択し、天気に合わせた最適な放映を行うことが可能。クリエィティブの制作においては、企画を定量調査やWEB広告での検証を元に、効果の高い訴求軸を選定した上で、複数種の制作を行っていく。

 また天気に合わせたクリエィティブの放映後には、ラクスルが提供するクラウド型テレビCM効果測定ツール「ノバセルアナリティクス」を活用し、即時の効果測定。効果検証を回しながら広告効果の最適化を実現する。

 これにより、天気によって変化する人の行動消費をテレビCMによってさらに後押しすることで、企業の新たなマーケティング活動を支援していく。

【関連記事】
ノバセルがオプト、ソウルドアウトとともにデジタル広告とテレビCMの統合プランニング支援へ
ラクスルとフラー、エム・データの3社、アプリ実利用データと番組・CMデータの相関効果をDB化
ラクスルのテレビCM効果測定ツール、アプリダウンロード計測に対応 CM放映期間のCVを可視化
ウェザーニューズ、1kmメッシュの高解像度な「体感予報API」を提供 商品への需要や興味関心を予測
ウェザーニューズ、気象データに連動した「天気連動広告」提供 位置情報に応じた出し分けを可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5