SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEリサーチ、低価格・短納期で調査が可能なライトコースをリニューアル オンラインで作成機能を追加

 LINEは、同社が提供するリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」の「ライトコース」を大幅にリニューアルした。

 LINEリサーチの「ライトコース」は、調査会社を通さず、エクセルフォーマットに沿った調査ファイルを提出するだけで調査が実施できる低価格・短納期が特長のコースである。現在、広告代理店やアパレル、メーカーなど多くの企業が活用している。

 今回のリニューアルでは、新たに「オンラインで作成」の機能を追加。同機能では、担当者自身で設問内容や選択肢などを自由に設定でき、いつでもアンケートの作成・審査依頼が可能になる。そのため、アンケート画面の完成に要する時間の大幅な短縮と、審査完了後の素早いアンケート公開を実現。ものによっては、作成から納品まで最短6時間のスピード対応も可能だという。

 また、同機能でも、これまで提供されていた「サービス満足度」や「コンセプト評価」をはじめとした様々なテンプレートを利用できる。テンプレートを選択するだけで質問項目が反映され、簡単な操作でアンケート作成が可能だ。

 これまでLINEリサーチで行っていた調査内容の審査は「オンラインで作成」においても引き続き実施。加えて同機能では、LINEリサーチの審査による指摘事項が作成画面に直接掲示されるため、該当箇所の確認や修正内容の把握がしやすく、漏れなく簡単に修正を行うことができる。

【関連記事】
4割強が夏休みに帰省を予定 女性の帰省傾向が男性と比べ若干高めに【LINEリサーチ調べ】
若年層の流行ランキング、トップは「どうぶつの森シリーズ」/下期の予測は?【LINEリサーチ調査】
LINE、調査メディア「リサーチノート」をオープン LINEリサーチで実施した調査情報を発信
新型コロナウイルスへの職場での対応、推奨含め「イベントや集会の中止」が最多【LINEリサーチ調査】
LINEリサーチ、新パートナー制度を開始 独自の調査メニューとノウハウの連携による調査環境の向上へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング