SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プラップノード、広報PRのDXを推進するクラウドサービス 「PRオートメーション」 β版を提供開始へ

 プラップノードは、広報PR業務を一貫してサポートするSaaS型ツール「PRオートメーション」β版を9月1日より提供開始する。

 同社は、プラップジャパンとショーケースによって、デジタル技術を活用した広報・PRを推進することを目的に設立された企業。

 今回提供を開始するPRオートメーションは、プラップジャパンが蓄積してきたコミュニケーションへの知見と、ショーケースが持つマーケティングSaaS開発の技術を掛け合わせることで実現した、広報PR業務のPDCAサイクルをフルサポートするSaaS型クラウドサービスだ。

 具体的には、PR業務の見える化を通じて、最適なタイミングでのメディアアプローチや、リリース配信後の分析を一貫して可能に。従来のアナログな広報PR業務を効率化・自動化し、広報担当者の業務負担を軽減する。またSNS分析ツール等、コミュニケーション領域で活用可能なマーケティングツールと連携し、常に最新のデータを確認することも可能となる。

 これにより、自社業務のDXを加速させるだけでなく、既存顧客における広報PR業務のDX支援をサポートし、さらに新規顧客の拡大を進めていく。

【関連記事】
エンファクトリー、副業・フリーランスのPR人材を紹介するマッチングサービス 「PRプロクル」を開始
PR TIMES、オンライン完結型の記者発表プランを提供 パソコン一つでプレスイベントが可能に
インフルエンサーがSNSフォロワーにプレスリリースを配信 AnyUpが「Buzz Press」を開始
オールアバウトとPR TIMESが業務提携 専門家へのプレスリリース配信&サンプリングが可能に
ディップのスタートアップ専門メディア、プレスリリースをRPAで自動記事化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/28 14:30 https://markezine.jp/article/detail/34188

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング