SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JALとパナソニック、アバター式リモート案内サービスの共同実証実験を開始 遠隔・非接触・非対面で接客

 日本航空(以下、JAL)とパナソニック システムソリューションズ ジャパン(以下、パナソニック)は、非接触・非対面でも高品質な接客を実現するため、パナソニックが提供するアバター式リモート案内サービスを用いた共同実証実験を開始する。

 今回の実験では、顧客から離れた場所にいる係員がディスプレイ上のアバターを通し、出発ロビーや搭乗口で搭乗者に案内する。アバターは操作している係員の表情を認識・反映するため、様々な表情が表現できる。そのため、係員はリモートによる非接触・非対面ながらも対面に近い案内が可能だ。また、定型登録された係員の案内時の動作や、搭乗順パネルの提示などを組み合わせることで、よりわかりやすい案内を実現する。

 <実証実験概要>
日時:2020年9月14日(月)~9月25日(金)
場所:羽田空港第1旅客ターミナルビル内JAL国内線搭乗口の一部、航空券予約・購入・変更カウンター(40番)
台数:4台

【関連記事】
JAL、国内線予約ページをリニューアル 最安値検索や座席アップグレードのUIを改善
JALと宏遠グループ、共同出資会社設立へ 中国向け越境ECビジネスの商流構築から物流まで支援
JALとJapanTaxiが協業を開始 ITを活用したモビリティ間の連携を強化
Salesforceと基幹システムを低コストで連携 パナソニックISがサブスク型サービスを提供開始
パナソニックら、商業広告を取り入れた路上変圧器・ストリートサイネージ活用の実証実験を港区で開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/09 16:02 https://markezine.jp/article/detail/34275

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング