SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂、三井物産とスマートシティ領域での新事業推進で連携 都市サービスを共同開発し国内外に展開

 博報堂の新規事業開発組織「ミライの事業室」は、三井物産と新事業推進に向けた協業を開始した。

両社で取り組むテーマ例

 2030年のSDGs(Sustainable Development Goals、持続可能な開発目標)実現に向けて、サステナブルな社会や暮らしへの転換が人類共通の課題となっている。また、コロナ禍によって新しい生活様式が浸透し、都市のあり方も大きく見直されつつある。一方で、あらゆる産業のデジタル化、情報技術の進展により今後都市のスマート化が急速に進み、それらの技術を活用した新たなサービスや、都市が抱える様々な社会課題の解決に期待が高まっている。

 そのため両社は、「生活者が主役のまちづくり」を実現した次世代のスマートシティモデルを、国内外の複数都市で実践すべく今回の連携に至った。今後両社は、生活者発想による創造的なまちづくりを通じて、ニーズに寄り添った様々な都市サービスを共同で開発し、2025年までに国内の複数都市での実装を目指す。

 第一弾の活動として両社は、今秋から渋谷エリアにおいて開始する「モビリティ」「エネルギー」「サーキュラーエコノミー」などの分野での新たなサービス実装を通じて、同エリアの「生活者ドリブン・スマートシティ」の実現に取り組んでいく。

【関連記事】
博報堂、創造性に特化した学校「UNIVERSITY of CREATIVITY」を東京にて本格始動
博報堂、クリエイティビティでDXを支援する専門チーム「hakuhodo DXD」を発足
博報堂、短尺デジタル動画に特化したチーム「ULTRA SHORT」を設立
博報堂DYHD、アーティストに特化した月額制音声配信サービス「Artistspoken」を開始
博報堂とM-Force、マーケティング領域で協業開始 顧客起点のマーケティングを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/24 07:15 https://markezine.jp/article/detail/34383

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング