SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(PR)

CV数12%増、CPA13%削減、潜在層にもリーチ!サンスターがYahoo!広告の自動入札で得たもの

正直懐疑的だった、でも想像以上の成果に

MZ:今回の取り組みで得られた学びはありますか。

兒嶋:新しいこともどんどん試してみるということですね。新しいことには挑戦すべきだし、変化していかないといけません。結果として良い成果も生まれたので、良かったです。

永井:ヤフーの自動入札はきちんと機能するのだろうかと正直懐疑的でした。そのため検証をさせていただいたのですが、経過を見ると性別やプレースメントがどんどん変わっていって、きちんと学習が進んでいるのをじかに感じることができました。

 非常に最適化の精度が高くなっていることもわかり、課題となっていた新規層向けのリーチもできたので積極的に使っていくべきだと思いました。

ヤフーに寄り添った広告配信を

MZ:最後に今後の展望をお願いします。

兒嶋:ITPなどで業界のルールが変わっても、それは配信側の変化であり、検索やSNSの閲覧といったユーザーの行動は、デバイスやプラットフォーム自体がアップデートされない限り大きく変わらないと思っています。そのため、強大な検索エンジンであるヤフーでの広告は引き続き注力していきます。

西村:兒嶋の話に近いですが、我々はどうやってお客様にご購入いただくかを考え、トライし続けるしかありません。今後も永井さんたちと協力して新しいことにどんどんチャレンジしたいと思っています。

永井:広告運用の側面だと、よりクリエイティブに力を注げるようになった分、様々な訴求軸をテストして、配信効果の改善をできたらと考えています。

 また、ヤフーはメディアとしての価値がとても高いという特長を持っています。審査なども非常に気を使っていますし、Yahoo!ニュースをはじめ多くの方が使うサービスを複数運営しています。それだけ様々な方にアプローチできるので、そこに寄り添って商品とメディアの価値を高める運用ができたらと考えています。

兒嶋:確かに、ヤフー社はネット広告=いかがわしいものというイメージを払拭し、業界を健全化するための取り組みに積極的な印象があります。我々も広告主として、協力していきたいです。

ヤフーの広告商品に関するお問い合わせはこちら

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング