SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

顧客の来館&ファン化を促進 電通テック、「商業施設CRMソリューション」を提供

 電通テックは、9月29日、来館促進とファン化を支援する「商業施設CRMソリューション」の提供を開始した。これにより、コロナ時代に即した行動マネジメントに基づき、施設ごとの特性や課題に応じた最適解をスピーディに提供する。

 新型コロナウイルスの流行以降、消費者の行動に大きな変化が訪れ、「新しい生活様式」が定着し始めた反面、自粛ストレスやアクティビティの減少により、自宅とも職場とも違う‟サードプレイス”的な場所を望む新しいニーズが生まれている。商業施設には、こうした複雑な消費者心理・潜在的ニーズをくみ取り、的確に応えていくことが求められている。

 そのため本ソリューションでは、ソーシャルディスタンスを意識した空間設計を提案。加えて、つい立ち寄りたくなる「愛されるサービス」の提供により顧客の来館とファン化を促進する。同社のノウハウを結集したメニューを提供し、新型コロナ流行下でも着実な売上と利益の確保を支援していく。

【関連記事】
位置情報の活用で店舗集客を促進!電通テック、リテール向けにエリアマーケのワンストップサービスを提供
電通テック、LINE活用のイベントマーケティングサービスを提供 来場前~後まで属性に応じた訴求を実現
企業の顧客ロイヤリティ向上を支援 電通テックが「ブランドストアビジネスソリューション」を提供開始
CINC、新型コロナで変容した消費者の購買行動を可視化する「検索市場レポート」提供
新型コロナウイルスの影響で繁華街・観光地の訪問者数減、都心で週末に2割減【クロスロケーションズ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/01 11:15 https://markezine.jp/article/detail/34450

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング