MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【CVR3倍の導入事例】ECの弱点「探しにくい・偶然の出会いがない」を解決したnununiとは

2020/10/23 08:30

 人工知能による全自動マーケティングプラットフォーム「nununi(ヌヌニ)」を提供するawoo Japan(アウー ジャパン)は、ホワイトペーパー「【導入事例】JAMSHOPPING様 CVR3倍!驚異のパフォーマンスを生み出したnununiによる「偶発的消費」の実践事例」をリリースした。

 awoo Japanは「Eコマースの買い物体験をもっと楽しくする」というコンセプトを掲げ、人工知能を活用して偶発的消費を生み出すマーケティングプラットフォーム「nununi」を提供している。

 本ホワイトペーパーでは、JAMSHOPPINGが運営する 「PGS-日本最大のRock & Entertainment公式グッズ・ストア(以下、PGS)」のサイト内顧客体験改善について紹介。PGSでは商品点数が2万点以上に及んでいたことから、ユーザーに目的の商品を探しやすくさせること、偶然欲しい商品に出会ってもらうことを念頭に、「nununi」を試験導入した。

 サイト内エンゲージメント向上と売上の改善をゴールに検証を行ったところ、CVR3倍、離脱率70%減と優れたパフォーマンスが出たため、現在は本稼働へ移行している。

 本ホワイトペーパーでは、導入の経緯や実際の効果、今後の取り組みについて、JAMSHOPPINGの取締役 金山氏にインタビューした内容が明かされる。デジタル上の顧客体験をよりリッチにしていきたい担当者、ECでの売上の底上げを図りたい担当者は必読だ。

ホワイトペーパーの内容

【ダウンロードはこちらから】

・サマリー
・課題
- nununiを使えば商品を探しやすく出来る
・導入
- 導入後は完全自動運用
- 「特徴」基点の新しい回遊体験
- スモールスタートから本導入へ
・効果
- 離脱率70% 改善、CVR3倍の顧客体験改善を実現!
- nununiが売上アップの原動力に
・今後
- オンライン広告やCRMへ展開したい

【関連記事】
ギズモード・ジャパンに「nununi」を導入 AIでLPの生成、SEO対策まで完全自動化
台湾AIテックのawoo、日本市場参入へ 吉澤和之氏が事業開発責任者に就任
2020年のソーシャルメディアマーケティング市場は5,519億円に/サイバー・バズとDIFが共同調査
キャッシュレスの利用意向に男女差 年代・性別ごとの実態調査【イプソス調べ】
EC利用率が大きく増加したのは40代/最も伸びたアプリは「UNIQLO」【ジャストシステム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5