SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

朝日新聞社、コンテンツマーケティングソリューションを提供 課題解決からデータ活用まで一気通貫で支援

 朝日新聞社は、コンテンツマーケティングのソリューションプログラム「Asahi Digital Solutions(以下、ADS)」の提供を開始した。

タップで拡大
タップで拡大

 ADSでは、メディアプランニング、クリエイティブ、編集コンテンツや動画、オンラインイベント、SNS配信、オウンドメディア、データマーケティングなど、コンテンツマーケティングの実践において、朝日新聞グループがもつ様々なリソースを活用しながら、最適なソリューションをワンストップで提供。具体的には、以下の4つの機能から構成される。

Content Lab(多メディア展開)

 ニュースや社会課題解決型のメディアのほか、様々な世代や趣味嗜好、ライフスタイルなどにフォーカスした、同社が有する約30のWebメディアの編集長らが、各メディアの特性を生かした課題解決策を提示する。

タップで拡大
朝日新聞社のメディアマップ(タップで拡大)

Community Lab(優良コミュニティー)

 ターゲットごとの最適なコミュニケーションプランを提供。同社の各メディアのコミュニティにおけるオンライン/オフラインイベントで、ユーザーとのコミュニケーションを図るほか、ユーザーインサイト調査も実施する。

Creative Lab(コンテンツクリエイティブ)

 編集コンテンツから動画のクリエイティブ制作、オンライン配信までワンストップで実施。同社の編集部門出身の企画・編集者やクリエイティブディレクター、動画ディレクターらがプロデュースを行う。

Data Lab(高度なデータ活用)

 ユーザーデータ分析やブランドリフト調査などにより、コンテンツマーケティングの結果を検証。PDCAサイクルの確認・改善に活用可能なデータを提供する。また、同社のDMP「朝日CDP」を活用したデータ連携や、行動データ分析に基づく広告配信も可能だ。

【関連記事】
オトナルと朝日新聞社、音声ニュースアプリ「朝日新聞アルキキ」で音声広告枠のプログラマティック販売開始
博報堂DYメディアパートナーズとDAC、朝日新聞社と提携し業種特化型マーケソリューションの機能を強化
GOと朝日新聞社が連携、社会課題解決型新聞広告「BrandNews」提供開始 収益の一部を寄付
朝日新聞社、訪日客向けPR映像の制作・配信・販売事業を開始 自社サイトやSNSなどで動画を公開
朝日新聞社、IASとの協業で新たな広告メニューを提供へ 不正インプレッションなどを除外

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング