SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

三菱商事・ユービーエス・リアルティとunerryが連携 位置情報の活用で商業施設のDXを推進

 日本リテールファンド投資法人が資産の運用を委託する資産運用会社である三菱商事・ユービーエス・リアルティは、unerryと小売りおよび商業施設運営のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)などにおいて、連携した。

 三菱商事・ユービーエス・リアルティは、次世代の商業施設運用に対する取り組みとして、IT技術を駆使した集客力向上やテナント構成力の最適化などを図ってきた。その中でリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」を運営するunerryと、商業施設内の消費者のリアル行動をビーコンなどで精緻に計測し、位置情報ビッグデータと組み合わせたマーケティング施策を実施するため、同連携に至った。

 その一環として両社は、三菱商事・ユービーエス・リアルティが所有する商業施設「ラ・ポルト青山」で、来店客の外食傾向を新型コロナウイルス流行前後で比較調査を実施。その結果をもとに、時代の潮流に合わせた商業施設運用への対応を開始した。

表参道エリア訪問者は専門のレストランに頻繁に足を運ぶ傾向

 表参道エリア訪問者は専門のレストランに頻繁に足を運ぶ傾向があり、その中でも、ラ・ポルト青山の来店客層は、男女問わず外食志向性が高く幅広い飲食店を利用していた。

ラ・ポルト青山の来店客層・表参道エリアの来訪者の外食傾向(対象期間:2019/11/19~2020/1/31)
ラ・ポルト青山の来店客層・表参道エリアの来訪者の外食傾向
(対象期間:2019/11/19~2020/1/31)

コロナ禍においても引き続き外食志向性が高い傾向

 次に、新型コロナ感染拡大の影響が大きい期間を対象に改めて調査を実施。リモートワークなどのライフスタイル変化により表参道エリアの来訪者は、より多様なジャンルのレストランの利用を行う変化がみられた。ラ・ポルト青山の来訪者においては、引き続き外食志向性が高い傾向にあった。

ラ・ポルト青山の来店客層・表参道エリアの来訪者の外食傾向(対象期間:2020/2/1~2020/7/31)

ラ・ポルト青山の来店客層・表参道エリアの来訪者の外食傾向
(対象期間:2020/2/1~2020/7/31)

【関連記事】
博展とunerry、イベント来場者の行動分析・デジタル施策への連携を可能にする「イベシル」を提供開始
unerry、全国約4万8,000店舗のスーパー等の混雑推定を提供するカスタマイズ混雑マップを開始
unerryとimpactTVが業務提携 「来棚効果がみえる販促広告:タナクル」を提供開始
unerry、昭文社らと鎌倉市、観光客の行動調査で協定 ビーコンログや旅行情報アプリのデータを活用
unerryとメディアフラッグが業務提携 オフライン行動データを活用した集客・販促支援を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/22 13:30 https://markezine.jp/article/detail/34656

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング