SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、グッドパッチと協業 デジタル領域の新事業・プロダクト開発を支援

 電通とグッドパッチは共同で、顧客の体験価値を起点としてサービスデザインとマーケティング戦略立案を一気通貫で提供するプロジェクト「X Design Partner(エックス デザイン パートナー)」を立ち上げた。

 同プロジェクトの一環として両社は、サービスデザイン・UI/UX開発と、タグライン/キャッチコピー開発およびサービスローンチ後のマーケティングコミュニケーション戦略までを事業やプロダクト開発初期から同時に一貫して検討・開発するサービスを2020年11月2日より開始する。

 両社が提供するサービスは、サービスデザインとマーケティング戦略を一気通貫で開発初期段階から行うことで、ターゲットの設定や顧客体験をふまえたコンセプト、マーケティング視点からのメッセージ開発を同時に検討・設計する。そのため、テストや検証においてプロダクトとコミュニケーションを合わせてユーザーに評価してもらうことができ、時間的な効率化だけでなく、事業成長を視野に入れたマーケティング文脈を開発視点にも組み込むことができる。

 

X Design Partnerにおける両者の役割
X Design Partnerにおける両者の役割

 X Design Partnerにおける基本プロセスは、まず自社内・ユーザー・マーケットに関するリサーチを行い、事業/プロダクトコンセプトを策定する。次に策定した事業/プロダクトコンセプトに基づいて、プロタイピングとメッセージ/イメージボードを制作し、MLP(Minimum Lovable Product)の検証および定義付けを実施。最後に、事業/サービスの開発とマーケティングコミュニケーション戦略の策定を行い、サービスを上市し迅速な事業成長を促進していく。

X Design Partnerにおける基本プロセス

X Design Partnerにおける基本プロセス

【関連記事】
グッドパッチ、オンラインで同時編集可能な「Strap」を正式提供 マネーフォワードなどが正式導入
グッドパッチ、デザイナー特化の学生向け就職活動支援サービスをリリース
電通および電通グループ、Libalentと資本業務提携 企業向けのデジタルマーケティング支援を強化
電通、タグピクおよびマルシェと業務提携 D2Cにおける新ブランド構築のメソッドを3社で共同開発
電通とベクトル、スタートアップ支援で業務提携 成長の加速化を支援するプログラムを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング