MarkeZine(マーケジン)

記事種別

モニター デロイトとM-Force、経営・ブランド・マーケティング戦略分野で協業開始

2020/10/21 12:00

 モニター デロイトとM-Forceは、経営・ブランド・マーケティング戦略分野で協業を開始した。

 モニター デロイトは、デロイト トーマツ グループの戦略コンサルティング部門でグローバル戦略およびCSV/Sustainability Strategyに強みを有する企業。一方M-Forceは、顧客戦略を起点として、「経営とマーケティング」をつないだ本質的なマーケティングを支援する企業。

 今回の協業によりモニター デロイトでは、デジタル、サステナビリティを軸にした本質的変化、そしてCOVID-19による顧客の変化を捉えた「顧客起点」のブランド・マーケティング戦略の策定から実行を支援し、また日本企業がより強力にグローバル化を進める上での意思決定を支援する中、その戦略フレームワークとして、M-Forceが有する「9segs(ナインセグズ)」を活用する。

 9segsは自社ブランド・競合ブランドを「9つの主要な顧客セグメント」に分けて、顧客情報を戦略的に分析する手法。自社ブランド・競合ブランドの全顧客情報(顧客セグメントごとに、人数、デモグラフィック情報、ブランドイメージ情報、使用習慣や購買習慣・メディア習慣のような行動情報など)が定量化され、顧客戦略の策定が具体的な顧客イメージと共に可能になる。

 モニター デロイトでは、顧客企業に対し、経済価値と社会価値の両立を可能にする経営戦略を定義し、さらにその戦略を持続性を持って具現化できる「再現性のある組織への改革」を実現するにあたり9segsを活用。「どのような顧客に(WHO)、どのような独自価値(WHAT)を提供するかという顧客戦略並びにグローバル組織における意思決定プロセスを明確化する。

【関連記事】
博報堂とM-Force、マーケティング領域で協業開始 顧客起点のマーケティングを強化
M-Forceとサイバーエージェント、ブランドマーケティング領域において協業 顧客起点で事業成長支援
元日本マクドナルドの足立光氏、元西友の久野克宜氏、吉野家の伊東正明氏がM-Forceのパートナーに
インテージとMarketing Forceが協業開始 顧客起点の事業成長を包括的に支援
モニター デロイトとBloom&Co.がポストコロナの経営・ブランド・マーケティング戦略分野で協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5