SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究

リピート購買が増加!カルビーの「Jagabee」が行ったコロナ禍でのリブランディング

 カルビーが展開するスティック形状のスナック菓子ブランド「Jagabee(じゃがビー)」。同社は2020年4月に予定していたリブランディングを新型コロナウイルスの影響を受けながらも実施。大幅にマーケティングプランを変更せざるを得なかった同社が、どのようにリブランディングを行い、成果を上げたのか担当者の冨本氏と小島氏に聞いた。

Jagabeeらしさを取り戻すためのリニューアルを

MZ:今回はカルビーでブランドを横断してPR宣伝の設計をしている小島さんと、Jagabee(じゃがビー)のブランド企画を担当している冨本さんに、Jagabeeのコロナ禍におけるブランディング活動についてお伺いします。

 まず、Jagabee自体がどのようなターゲットに対し展開しているブランドか教えていただけますか。

左:カルビー株式会社 マーケティング本部 商品2部 2課 冨本 奈津美氏
右:カルビー株式会社 マーケティング本部 PR・宣伝担当 小島 彰朗氏

冨本:Jagabeeは2006年から発売しているブランドで、発売当時から働く20~30代の女性をターゲットに展開してきました。ちょっとしたスキマ時間に腰を下ろしてほっと一息つけるような商品を目指してブランド設計をしています。

MZ:新型コロナウイルス以前は、どのようなマーケティングを行っていたのでしょうか。

冨本:たとえば、2019年は他社とのコラボレーションを積極的に行い、スナック菓子特有の味のバリエーションといった楽しさを追求していました。しかしながら、Jagabeeが持つ特徴であるじゃがいもの味わいが訴求しづらくなっており、そこに課題を抱えていました。

 そのため我々は、2020年4月にリニューアルすることに決め、それに向けた準備をしていたのですが、新型コロナウイルスの影響を受ける形となりました。

デジタル主体のキャンペーン設計に大幅変更

MZ:新型コロナウイルスの影響で、マーケティングにどのような変化がありましたか。

冨本:まず、店頭やイベントといったオフラインでのアプローチが制限されました。

 今回のリニューアルでは、よりくちどけの良いサクッとした軽い触感、そしてJagabeeの原点であるじゃがいもの素材本来のおいしさを実現しました。そのため、多くの方に試食していただくための店頭サンプリングやPRイベントなどを企画していたのですが、新型コロナウイルスの影響で人が集まる施策が行えなくなったためプランの見直しを迫られました。

MZ:小島さんは各ブランドのPR宣伝の設計を支援しているとのことでしたが、この影響は大きかったですか。

小島:リニューアルしたかどうかを伝えるには、まず一度味わってもらうことが重要なので、非常に大きかったですね。その分、我々はデジタル上でのプロモーション活動に舵を切りました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
カルビーが仕掛けた、顧客と距離を縮めるデジタル活用とは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング