SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEの認定講師がCMOに バレットグループ、LINEのみを取り扱うマーケティング戦略会社を設立

 バレットグループは、LINEのみを取り扱うDX推進・マーケティング戦略カンパニー「DOTZ(ダッツ)」を設立。LINE Frontliner(ラインフロントライナー)の稲益仁氏を取締役CMOとして任命した。

取締役CMOに就任した稲益仁氏
取締役CMOに就任した稲益仁氏

 LINE Frontlinerは、LINEの法人向けサービスに加え、マーケティング全般への知見や経験を持っているLINEの認定講師。200名ほどの応募の中から、書類審査とLINEの広告事業担当役員のプレゼンテーション試験を経て認定される。第1回のLINE Frontlinerの選考においては6名が認定されている(2020年9月末時点)。

 今回、LINE Frontlinerの稲益氏を取締役CMOに迎え設立されたDOTZでは、LINEというプラットフォームを基軸とした各企業のDX推進をサポートするほか、またLINEを活用することで可能になるフルファネルマーケティングソリューションを提供していく。

 具体的には、オンラインとオフラインを統合したデータベースをLINEプラットフォーム上に構築することで、オンオフを横断した顧客とのコミュニケーションを継続的に提供可能に。アパレル企業などのOMOマーケティングに活用できる。

 また、LINE広告における新規顧客向けの広告掲載や、LINEでパーソナライズしたメッセージを送信するなど、EC企業などでの新規顧客獲得からCRM構築もサポート。LINEでCRM施策を完結することで、ユーザーとのシームレスなコミュニケーションを可能にし、顧客のLTV向上に貢献する。

<

【関連記事】
電通デジタル、LINEを活用し店舗保有企業向けサービスを開始 開発からオペレーション設計まで対応
LINEギフトの新広告メニュー「サンクスギフト」が開始 ユーザー起点のギフトでブランド体験を提供
LINE、「LINE SMB DAY」を開催 飲食店をはじめ中堅・中小企業向けのサービスを強化
ギブリー、LINEを活用してユーザーのインサイトを診断する「診断メーカー」のサービスを開始
SalesforceにLINE・SMSを連携する「PHONE APPLI LINER」の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/11 12:15 https://markezine.jp/article/detail/34829

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング