SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

3月の動画視聴者数、オバマ氏51万人、クリントン氏は35万人【米ニールセン調べ】

 米調査会社ニールセンが、民主党のバラク・オバマ氏、ヒラリー・クリントン氏、共和党のジョン・マケイン氏の各候補のサイトで公開している動画の視聴状況を調査したところ、オバマ氏のサイトで公開している動画コンテンツが、3月に最も多くのユニークな視聴者を獲得。オバマ氏の動画の視聴者数は51万8000人で、クリントン氏の35万1000人、マケイン氏の3万8000人を大幅に上回っている。

米大統領候補者の公式サイトにおけるビデオ視聴状況(2008年3月)
※データは米ニールセン調べ

 再生回数においても、オバマ氏が82万8,000回と最も多く、クリントン氏は、55万1,000回、マケイン氏は6万6,000回、視聴者の平均利用時間もそれぞれ16分、4.8分、1.5分となっている。

 マケイン氏の数字が圧倒的に低いのは、2月時点で共和党の候補者指名を確実としたことが大きいだろう。ニールセンによると、オバマ氏とヒラリー氏の両方の動画を視聴した人はわずか1%にとどまり、マケイン氏のサイトを含めても共通の視聴者はいない模様。動画視聴者のほとんどは動画を見比べて、3人の候補を比較分析しているわけではないようだ。

 候補者のサイトで動画を視聴するのは支持者たちで、これから誰に投票するかを決めようという人たちは、CNNやMSNBC、New York Timesなどのニュースサイトや、YouTubeのようなサイトで情報を集め、動画を視聴しているのではないかとニールセンは分析している。

【関連リンク】
息を吹き返したヒラリー、浮かない顔のオバマ。Youtube上のスピーチでも明暗
米大統領選の行方を左右する、アメリカのSNS事情
1月に2800万ドルを調達した、オバマ候補の超シンプルな寄付募集ページ
オバマ候補に強力助っ人が登場、米大統領選挙を熱くする「オバマ・ガール」のセクシー動画

"BARACK OBAMA HAS MOST ONLINE VIDEO VIEWERS AMONG PRESIDENTIAL CANDIDATES, ACCORDING TO NIELSEN ONLINE"(PDF)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/25 22:05 https://markezine.jp/article/detail/3485

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング