MarkeZine(マーケジン)

記事種別

延べ1億IDへのリーチを誇るPonta×モビリティデータの掛け合わせで実現する新時代のマーケティング

2020/12/15 10:00

 2019年12月、ロイヤリティ マーケティングはKDDIとの資本提携を発表し、運営する共通ポイント「Ponta(ポンタ)」は延べ1億IDのメガデータプラットフォームへと成長した。その後2020年5月よりスマートドライブと協働で、Pontaデータ×移動データという、新しいマーケティングプラットフォーム「Ponta Mobility」の実証実験を開始。9月1日に行われたMarkeZine Day 2020 Autumnでは、データの掛け合わせで生まれる新たなマーケティング手法の世界観が語られた。

目次

延べ1億のリーチを実現する「Ponta」

 2008年に三菱商事の100%子会社として設立されたロイヤリティ マーケティング。その後、2010年に2,007万人の会員を擁す「Ponta」をサービスインし、着実に会員を増やしてきた。2014年にはリクルートホールディングスやJALと資本業務提携。サービススタートから10年の節目を迎えた2020年、KDDIとの資本業務提携も実現した。

 2011年よりロイヤリティ マーケティングでポイント提携企業の開拓や、提携企業の支援、ポイントデータの活用を通じたマーケティングを推進する蛭川氏は、「Ponta」の変遷について次のように話す。

 「「現在『Pontaポイント』が貯まる・使える提携社は、130社180ブランドに上ります。KDDIとの提携により『Pontaポイント』は『au Walletポイント』と統合し、au PAY加盟店を含む全国170万カ所超で使える生活により密着したサービスになりました。それに加えて、Facebook・Instagramで約2,000万、YouTubeで約1,300万、Twitterで約300万、そしてLINEで約2,700万、オウンドメディアでは、郵送DM約5,100万、メール約850万、アプリ約700万といったリーチメディアを有し、延べ1億IDにリーチできるデータベースに成長しています」(蛭川氏)

株式会社 ロイヤリティ マーケティング 執行役員・営業統括グループ 営業推進本部 本部長 蛭川 和伸氏
株式会社 ロイヤリティ マーケティング 執行役員・営業統括グループ
営業推進本部 本部長 蛭川 和伸氏

 「Ponta」のデータベースは現在、消費財、金融、保険、通販と様々な業種のマーケティングに活用されている。各IDには会員情報とともに、カードの実利用データや広告キャンペーンのコンバージョン結果、アスキングデータなどがひもづけられており、それらのデータは「Ponta DMP」に集約されている。認知から購買までの各ファネルに対して、最適なメディアで顧客へのアクションを喚起できることが強みだ。

 たとえば認知ファネルにおいては、テレビやラジオの視聴数や店頭のOOHといったオフラインでの接点から、「Pontaアプリ」やソーシャルメディア広告によってオンラインによるリーチ獲得を狙う。検討ファネルではリアル店舗の利用状況、アプリ・サイトへのコンタクト状況を分析してアプローチまでをサポート。キャンペーン時のポイント付与やカスタマーリレーションシップを通じてファンを育成する、コミュニティマーケティングも可能だ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5