SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Relic、MA・CRMサービス「Booster」の一般提供を開始 SQLからシナリオを自動で最適化

 Relicは、事業の成功に不可欠な初期顧客獲得からロイヤルカスタマー化の支援やファンベースマーケティングによるLTV最大化を実現するマーケティングオートメーション・CRMサービス「Booster」の一般提供を開始した。

 同サービスは、機械学習により、リアルタイムにアクセスログや行動履歴・購買データなどのビッグデータを解析することで、ユーザーの一人ひとりに最適化された顧客を提供する仕組みを実装した、マーケティングオートメーション・CRMサービス。

 具体的には、企業内外に存在する多様なデータを統合/一元化し、顧客を1つのIDで識別可能にすることで、より精密なパーソナライゼーションを実現。リアルタイムにデータを解析することで、在庫数の減少などのMD(マーチャンダイジング)や商品データベースの最新状況や住所変更等の顧客情報の更新を起点とした、訴求効果の高いレコメンデーション、離脱予想、頻度の最適化などを可能にする。

 また、予め設定したSQLを基に、自動でマーケティングのシナリオを生成/最適化することで、顧客の潜在ニーズを検知/把握し、より新しい顧客体験を可能に。機械学習により、結果の分析からPDCAを回してシナリオを最適化する一連の流れを自動化し、システムによるOne to Oneマーケティングを実現する。

 なおサポート面では、新規事業のグロースやEC事業におけるブランド戦略、MD、CRM、SNS運用、サイトUI&UX、オムニチャネル、ビッグデータ構築/管理等に関する各分野のスペシャリストがチームを組み、戦略立案からツール導入/運用まで一気通貫で対応する。

 同社は今後、対応するチャネルの拡大やデフォルトで提供するシナリオや施策の拡充、タグ設置のみで高精度のMA・CRMを実現するライトプランのリリースなどを始めとして、既存のサービス・機能の改善や新サービス・新機能の開発を実施する予定だという。

【関連記事】
アライドアーキテクツ、UGCの生成から最適化までを自動化する 「LetroConnect」を提供
営業自動化のChatBook、EC特化のチャットボットサービスを発表
イー・エージェンシーと情報工房が業務提携でCRM/MAツール「DirectEngine」を提供
シャノン、テック系スタートアップ企業向けの「新支援プログラム」を開始 MAツールを特別価格で提供
スギタプリディア、MAツールと連携可能な定額制DMサービス「DMのサブスク」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング