MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Relic、MA・CRMサービス「Booster」の一般提供を開始 SQLからシナリオを自動で最適化

2020/11/27 07:30

 Relicは、事業の成功に不可欠な初期顧客獲得からロイヤルカスタマー化の支援やファンベースマーケティングによるLTV最大化を実現するマーケティングオートメーション・CRMサービス「Booster」の一般提供を開始した。

 同サービスは、機械学習により、リアルタイムにアクセスログや行動履歴・購買データなどのビッグデータを解析することで、ユーザーの一人ひとりに最適化された顧客を提供する仕組みを実装した、マーケティングオートメーション・CRMサービス。

 具体的には、企業内外に存在する多様なデータを統合/一元化し、顧客を1つのIDで識別可能にすることで、より精密なパーソナライゼーションを実現。リアルタイムにデータを解析することで、在庫数の減少などのMD(マーチャンダイジング)や商品データベースの最新状況や住所変更等の顧客情報の更新を起点とした、訴求効果の高いレコメンデーション、離脱予想、頻度の最適化などを可能にする。

 また、予め設定したSQLを基に、自動でマーケティングのシナリオを生成/最適化することで、顧客の潜在ニーズを検知/把握し、より新しい顧客体験を可能に。機械学習により、結果の分析からPDCAを回してシナリオを最適化する一連の流れを自動化し、システムによるOne to Oneマーケティングを実現する。

 なおサポート面では、新規事業のグロースやEC事業におけるブランド戦略、MD、CRM、SNS運用、サイトUI&UX、オムニチャネル、ビッグデータ構築/管理等に関する各分野のスペシャリストがチームを組み、戦略立案からツール導入/運用まで一気通貫で対応する。

 同社は今後、対応するチャネルの拡大やデフォルトで提供するシナリオや施策の拡充、タグ設置のみで高精度のMA・CRMを実現するライトプランのリリースなどを始めとして、既存のサービス・機能の改善や新サービス・新機能の開発を実施する予定だという。

【関連記事】
アライドアーキテクツ、UGCの生成から最適化までを自動化する 「LetroConnect」を提供
営業自動化のChatBook、EC特化のチャットボットサービスを発表
イー・エージェンシーと情報工房が業務提携でCRM/MAツール「DirectEngine」を提供
シャノン、テック系スタートアップ企業向けの「新支援プログラム」を開始 MAツールを特別価格で提供
スギタプリディア、MAツールと連携可能な定額制DMサービス「DMのサブスク」を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5