SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMP、テレビとデジタルの広告効果を一元化しモニタリングできる統合ダッシュボードの提供を開始

 博報堂DYメディアパートナーズは、テレビ広告とデジタル広告の広告効果を高速かつ一元化してモニタリングできる統合ダッシュボード「テレデジライブモニタリング」の提供を開始した。

 「テレデジライブモニタリング」は、テレビ広告とデジタル広告の両方の出稿にともなう評価指標データを一元管理し、広告主と広告会社がデイリーで広告効果を見ることができる統合ダッシュボードだ。

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと共同開発したサービス基盤「博報堂DY次世代メディアシステム」上に蓄積された広告主ごとのテレビ出稿実績データ、デジタル出稿実績データをもとに博報堂DYグループ独自で開発したアルゴリズムにより、出稿の2日後にはテレビ広告とデジタル広告の統合された広告ターゲットへの到達率の予実管理を行うことが可能だ。またダッシュボードのUIには、SalesforceのDatoramaを活用し操作性や視認性を高めている。

ダッシュボードイメージ(タップで拡大)
ダッシュボードイメージ(タップで拡大)

 同サービスにより、広告主と広告会社は日々成果を見ながらテレビ広告とデジタル広告の出稿プラン・出稿の見直しができる。広告効果を最大化することで、広告主の事業KGI/KPIへの達成への施策を継続的かつスピーディーに実行・検証・改善を図る。

【関連記事】
博報堂DYホールディングス、スイッチスマイルと資本業務提携 生活者のオフライン行動データを活用
博報堂DYHDとMESON、「GIBSON」を発表 物理的な距離を超え相互共有するCX体験を目指す
CCCMKと博報堂DYMP、共同販促ソリューション「Tカード×LINEで応募」を2021年1月に開始
60代の約6割がSNS利用 高齢層のスマホ行動がコロナ禍で多様化/博報堂DYメディアパートナーズ調査
博報堂DYMPとTwitter Japan、ブランド成長を支援する「Brand Bird」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング