SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

約3人に1人が音声メディアを日常的に利用/使ってみたい媒体にClubhouseも【トレンダーズ調査】

 トレンダーズは、20~30代の男女526名に対して「音声メディアに関する利用実態調査」を実施し、その結果を発表した。

30%以上が音声メディアを日常利用

 「日常的に使っている音声メディア」について聞いてみると、31.6%が「何かしらの音声メディアを利用している」と回答。約3人に1人の日常に溶け込んでいることがわかった。

最も利用が多かったメディアは「radiko」

 日常的に音声メディアを利用している人に対象を絞り、詳しくメディアを見てみると、最も利用が多かったのは「radiko」(68.1%)という結果に。以降は「Spotifyポッドキャスト」(18.1%)、「ポッドキャスト(AppleまたはGoogle)」(13.3%)、「Discord」(12.7%)、「ラジオクラウド」(4.2%)となった。

 一方、「今後、使ってみたい音声メディア」については、トップ5が「radiko」(28.9%)、「Spotifyポッドキャスト」(12.2%)、「ポッドキャスト(AppleまたはGoogle)」(11.6%)、「Clubhouse」(8.6%)、「SPOON」(5.7%)という顔ぶれになった。

コロナ禍による「他人との会話」への飢餓感が影響か

 続いて「音声メディアを使う理由」を聞いてみると、「他人の声や会話を聴くのが好きだから」(39.8%)が1位に。2位以下は「時間を有効に使いたいから」(30.1%)、「常に何か音声を聴いていたいから」(27.7%)、「情報量が多いから」(19.9%)、「流行っているから」(11.4%)という結果になった。その他、自由回答では「ゲームをしながら会話するため」といった意見が複数集まった。

音声での人気条件トップ3は「テンポの良さ」「魅力的な声」「ワードセンス」

 「お気に入りの音声コンテンツ(または人)」の有無については、43.3%が「お気に入りコンテンツ(または人)がある」と回答。その特徴を聞いてみると、1位は「話し方のテンポがいい」(23.0%)、2位は「声が魅力的」(21.1%)、3位「ワードセンスがいい」(14.1%)となった。

 また、「音声メディアで活躍するインフルエンサー」については、48.3%が「人気が高まりそう」と答えている。

【調査概要】
調査主体:トレンダーズ
調査対象:20~30代男女526名
調査期間:2021年2月1日
調査方法:インターネット調査

【関連記事】
2020年の世界アプリパブリッシャーランキング 中国企業が躍進、日本首位は?/App Annie調査
Z世代の56.9%がTikTokを1日1時間以上閲覧 情報収集ツールとして活用する人も【Z総研調査】
豊かなストーリー性を持つことが行動へつながるポイントに 全国51都市ブランド調査【電通調査】
50万DL以上となるアプリの初月のDL数は約17万DL 初月のDL数の伸びが成功のカギ【ヤプリ調査】
サポートデスクにおいて79%が「リモートワークに適切なツールがない」と回答【Zendesk調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/04 14:15 https://markezine.jp/article/detail/35442

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング