SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMPと博報堂DYアウトドア、 西友店頭レジ横サイネージ媒体を開発・販売開始

 博報堂DYメディアパートナーズと博報堂DYアウトドアは、西友と共同でサイネージ広告媒体「SEIYU SUPER TV」を開発し、広告枠の販売を開始した。

 同媒体は、西友店頭のレジ横に設置されたディスプレイで広告を放映できるデジタルサイネージメディア。2021年1月末時点で、関東地方126店舗への導入が完了している。

 レジ前は来店客が店内の中でも長時間滞在する場所であり、高い視認率が期待できるほか、売り場近くで放映することにより購買行動に直結する効果が狙える。また、主婦・ファミリー層へのアプローチが可能であるためメーカー商材以外でも認知媒体として幅広い活用が可能となる。

 放映形態は7パターンから任意で選ぶことが可能。テレビCMのような比率16:9の動画の流用だけでなく、画面分割機能を活用することにより静止画やコピーと組み合わせた展開が可能。また、画面下部に35文字以内のテロップを無償で追加できるため、キャンペーン情報など即時性の高い情報を付加することができる。

【関連記事】
ビーツ、「クラウドPOP」の提供を開始 AIカメラ×デジタルサイネージで顧客行動に沿った情報を提供
看板やサイネージエリアの人口マップを可視化 広告プラットフォーム「Bizpa」とDIMが連携
AnyMind Group、インフルエンサーマーケティング×美容室サイネージの新サービスを提供
読売広告社と西友、店頭でAIカメラを使った視聴調査を実施 サイネージ広告の価値測定を精緻化
TANA-X、棚前の集客効果・購入促進の実証実験開始 販売員の対面接客をサイネージで代替

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング