SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

串カツ田中、新デリバリーブランド「串カツ田中の串カツカレー」を開始 注文管理のDXにより実現

 串カツ田中ホールディングス(以下、串カツ田中)は、新たなデリバリーブランドとして『串カツ田中の串カツカレー』の展開を開始した。

 新デリバリーブランドは、「片手にスプーン、もう片手に串カツという『新しいカレースタイル』」がコンセプト。30代男性をメインターゲットとしている。

 これにより、串カツ田中の既存顧客に向け、新たな串カツの美味しさを知る機会を創出するとともに、新ブランドをきっかけとした自社ブランド全体の認知を狙う。また、幅広い世代に親しまれている「カレー」と合わせることで「串カツ」を日本の食文化とすることを目指す。

 なお、新デリバリーブランドの注文システムでは、Mobile Order Labが提供する飲食店向けの注文一元化サービス「Ordee」を採用。同サービスでは、様々なデリバリープラットフォームに入った顧客からの注文を一括で管理できる。

 プラットフォームごとにある注文管理システムを一つのデバイスにまとめることで、一つの画面でどんな注文が入っているかわかるだけではなく、品切れなどの表示も一括で行うことが可能に。また、オンライン上のみでブランドを増やすゴーストレストランにも対応している。

 串カツ田中では今後、DXをオペレーションに取り入れ、新たな飲食店のスタイルを確立していく。

【関連記事】
Instagram、料理を注文・ギフトカード機能を強化 12社と新たに連携/フェイスブック戦略説明会
Instagram、「飲食店から料理を注文できる機能」の国内提供を開始/コロナ禍の飲食店をサポート
楽天、事前注文・決済サービスソリューション「Rakuten Ready」を提供 上島珈琲店などで導入
ヤフー、飲食店のテイクアウト商品をスマホで事前注文できる「Yahoo!ロコ モバイルオーダー」提供
くら寿司、スマホで注文「スマホdeくら」リリース UX向上と滞在時間5分短縮による回転率向上狙う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/23 17:00 https://markezine.jp/article/detail/35874

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング