SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイジニアが広告費を最適化する新ロジック開発、「KANADE DSP」で提供開始

 サイジニアは、デクワスが開発・運営する「KANADE DSP」と連携。新しい広告費最適化ロジックによりパーソナライズ広告サービス「デクワス.AD」をバージョンアップし、4月1日より販売を開始した。

 ネット広告の効果指標であるCPC(Cost Per Click)や、CPA(Cost Per Acquisition)は、広く用いられているネット広告だが、広告キャンペーンを運用・最適化する際に、これらの指標を追いかけすぎると、もともと売れやすい低単価の商品への集中や、広告配信のボリューム縮小が懸念される。

 多数の商品を扱うECサイトにおいては、商品ごとに単価も売れやすさも異なるため、広告費用に対して売上を最大化するためには、クリックやコンバージョンというユーザーアクションにかかる費用の視点だけではなく、商品ごとの単価や、売れやすさを予測して、広告費用を細かく調整する必要がある。一方で、人手による調整には限界があり、運用にかかるコストが増大することが問題となっている。

 これらの背景から、ユーザーへのパーソナライズ技術や商品レコメンド技術を有すサイジニアは、これらの技術を応用し、「KANADE DSP」を運営するデクワスと連携することで、リアルタイムに広告費を自動最適化する広告配信ロジックを開発した。

 たとえば、あるユーザーが単価の高い商品を購入する意欲が高いと推測される場合には、より多くの広告費を自動的に配賦する。人工知能によるきめ細やかな広告費の調整により、売上をさらに向上させることが可能になった。

【関連記事】
営業支援ツール「ネクストSFA」がGoogle広告と接続 成約ベースでの広告配信自動最適化を可能に
CA、デジタルサイネージの広告運用最適化機能を開発 店舗サイネージ配信「ミライネージ」へ提供
イー・エージェンシーら、Web広告最適化コンサルティングサービスを開始
AJA SSP、「KANADE DSP」とネイティブ広告枠およびバナー広告枠においてRTB接続を開始
KCCS、「KANADE DSP」にDrawbridgeの技術を導入 クロスデバイス広告配信を実施へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング